祖父が自営業を山の近くでしていたんだけど、たまに山の方に入って、祖母、母、俺でワラビを採りに行ってた。
これを焼いて?茹でて?マヨネーズで食べると美味い。

その時は祖母と二人で採ってたんだけど、俺だけちょこっと山の奥に入り過ぎたのね。
俺も小学生の高学年だから何が危険とかの分別はついてる。

で奥に進んでくと綺麗な川が流れてて、その周囲の割と平たい岩の一つにワラビが大量に置かれてあった。

誰かのかな?と思ったけど、付近に誰もいない。

そしたら大きなサルみたいなのが現れたんだよ。
身体にまだらに苔が生えてて、不思議と威厳?を感じた。
そいつがジッと俺の方を見てくるのね。

警戒してるのかな?と思ったけど、どことなく来いって誘われてる気がした。
ワラビやるぞーみたいな感じで。

まあ、俺は怖くなってすぐに逃げたけどな。

それで祖母に話をしたんだよ。
そしたら「まるまる様が目をかけてくれたんだね」って。
本当に祖母は『まるまる様』って言ってた。

これは本当の名前ではなくて、本当の名前は言ったら駄目って教えてくれた。

母:「名前には力があって、言うだけでその人から持っていく」

そう言って、祖母は地面にその名前を書いてくれた。
書くだけでも割と危険らしいけど、「ちゃんと、後の人に伝えないとね」って言ってた。
名前なんだけど、不思議と発音できないんだよなあ。

カタカタなんだけど日本語っぽくないと言うか、どう発音していいのかがわからん?感じかな。
山は別に霊山とかでなくて、ごくごく普通の山。

祖母は「どこの山に出てくる。姿も時に違うけど。欲しいものをくれる、身体が大きい、苔がはえてる。」とは言ってた。
祖母の祖父が出会ってるらしい。

そのあと、祖母が笑顔で、「貰わなくて良かったね。タダより怖いものはないから」が一番怖かった。