数年前のこと。
電車の荷棚に誰かが置き忘れたらしい一冊の単行本が目に入り、目的の駅に着くまで暇だったもので、なにげなくその本を手にして読んでみた。
タイトルは今は覚えていないけど、確か禁断の呪文のなんたらと書かれた本。
中には恋がかなうとか、受験で合格するとか、いろんな呪文が書かれていた。
興味が出て駅に着いてもそのままその本を持って出た。

休みがてら公園のベンチに座り、その本をパラパラっとめくっていると、雨乞いの呪文というのが目にとまった。

そういえば数日間まったく雨が降らず、その日も快晴で青空が空一面に広がっていた。
じゃあ試しにコレでもと思い、そこに書かれた雨乞いの呪文というのを唱えてみた。

すると今まで快晴だった空に・・・みるみるうちに真っ黒な雲が広がっていき、辺り一面昼とは思えないような暗さになり雷まで鳴りだした。

そしてザァーッともの凄い豪雨!

公園の屋根のあるところに避難し驚いていたのだが30分程すると、もの凄い勢いで降り続いていた雨はピタッと止み、空を覆っていた黒雲もサーッとどこかに消え去ってまたさっきまでのような快晴の空に戻った。

この呪文の効果なのか?
それとも偶然?

あっけにとられていたのだが、もしも本の呪文が本物だったらという思いもあって帰りの電車の中でも、いろいろな呪文が書かれているのを見ながら金持ちになれる呪文とか唱えたら・・・とニヤニヤしながら帰宅。

いざ家に帰ってカバンの中を探してもあの本が無い。
もしかしたらあの電車に置き忘れてしまった???
そういえば、意志に反して電車の荷棚に読んでいた本を置いてしまったような気もする・・・。

数日後、その日も晴天だったのだが、急にまたあのときのように空が真っ暗になり、30分ほど豪雨が降り続いたあとピタッと止んで快晴の空に戻った。
ああ、きっとあの本を拾った誰かがまたあの呪文を唱えたのだろうな・・・と思うようになった。