怖いと言うか不思議な話です。
5年くらい前なんで記憶が曖昧なんですが・・・。

私が高2の時中学の友達と久しぶりに母校にいこうかって話になって、4人くらいで母校に行ったんです。
「懐かしいねぇ~、あっ部室だよ!」とか盛り上がって話をしていました
なぜか生徒の数は少なく(多分16時くらいかな?・・・今思うとテスト期間だったのかも)体育館のある棟の一階の廊下を歩いていたとき、3m位前に友達の担任だったP先生が歩いていたんです。

「P先生~!!久しぶり!!」と言って走り出したんですけど、P先生が走って逃げるんです
「ちょw何で走るのww先生まってぇ~!」とか笑いつつ皆で追いかけました。
で、渡り廊下を渡って校舎に入ってP先生が知的障害者のクラス(双葉学級みたいな)に入ったんです。

追いかけていた私たちもスグ教室に入ったんですが・・・誰もいないんです。
先生が入って2.3秒のうちに入ったのに・・・。

「あ~窓から逃げたんだよ!」
「でも鍵かかってるよ?」
「もう一個のドアから出たんじゃん?」
「私が入った時もういなかったよ?」
「その時私廊下にいたけど先生でてこなかったよ?」

皆訳が分からなかったけど、とりあえず走って職員室に向かったんです。

職員室に入るとP先生がいました。

P:「お~お前ら久しぶりじゃん!元気か?高校の制服に合ってんな」

私:「先生さっき双葉学級いましたよね?なんでココにいるんです??」

P:「はぁ?俺はずっとここにいたぞ?それよりどうなんだ高校は?」

私:「え・・・だって・・・・」

そのときは不思議でしたけど、懐かしい先生達と話してるうちにすっかり忘れてしまい皆で帰りました。

その1年後くらいにその時の友達の1人と会ってP先生の話をしたんですが、「あの時はなんだったんだろうね~?先生ワープでも使えるんじゃないww」とすっかり笑い話になっていました。

今よく考えると本当なんだったんだろうなぁ・・・。
以上私が唯一経験した不思議体験でした。