俺の生まれ育った町は四国の田舎町で、俺が小さかった頃はまだ旧い風習や考えが残ってた。

例えば、幼馴染みに双子がいるんだけど、それを年配の人は”忌み子”として嫌っていたり、五感や身体に傷害がある子を、”欠け子”と呼んだり・・・。

つまり、普通には生まれてこなかった子を忌み嫌う風習があった。
今ではほとんどないらしいが、昭和の終わりまではあったと思う。

町自体がかなり小規模なこともあり、そういう子が生まれるとすぐに噂は広まる。
迫害を受けるようなことはなかったようだけど、後ろ指さされたり、遠ざけられたりということはあったようだ。

そうなると、そういう子は生みたくない・・・。
そこで、妊婦さんに”普通の子”を生んでもらうための、あるまじないがあった。
それが、この地域に伝わる”被猿”という風習だ。

これは、妊婦さんのいる部屋や病室に木彫りの猿を置き、”忌み子”や”欠け子”の基になるとされる陰の気(災い)を、代わりに被ってもらうというもの。
簡単に言えば身代わりだ。

昔は、障がい児が生まれたり災害があると、それを神や悪霊、呪いなど、目には見えないものに無理矢理結び付けていた。
”被猿”もまたそういうものだろう。
しかし今思えば、そういった風習が20年ほど前までの日本に残っていたのは怖い。

話が逸れたが、役目を終えた被猿は土深くに埋められる。
燃やすと空気に混じって災いが飛散するからダメ。
どこかに封じても、誰かが持ち出すかもしれないからダメ。
水の中は神聖な場所だから、土の中が一番らしい。

ある日、祖母に聞いてみた。

俺:「土に埋めても、土から災いがやって来るんじゃない?」

祖母:「確かにね。でも、土は長い時間を掛けて災いを薄めてくれる。だから一番いいんだ。でもね、忘れちゃいけない。命は土に還り、花を咲かせたりして循環するだろう?災いも同じだ。決して消えるわけじゃない」

被猿は掘り起こされないために、決まった場所にまとめて埋めない。
つまり、今俺の足下にも埋まっているかもしれない。
そう考えるとほんのり怖い。