親父に聞いた話。
30年くらい前、親父はまだ自分で炭を焼いていた。
山の中に作った炭窯で、クヌギやスギの炭を焼く。
焼きにかかると、足かけ4日くらいの作業の間、釜の側の小屋で寝泊まりする。

その日は夕方から火を入れたのだが、前回焼いた時からあまり日が経っていないのに、どうしたわけか、なかなか釜の中まで火が回らない。
ここで焦っては元も子もないので、親父は辛抱強く柴や薪をくべ、フイゴを踏んで火の番をしていた。

夜もとっぷり暮れ、辺りを静寂が支配し、薪の爆ぜる音ばかりが聞こえる。

パチ・・・パチ・・パチ・・・
ザ・・・ザザザ・・・

背後の藪で物音がした。
獣か?と思い、振り返るが姿はない。

パチ・・・パチン・・パチ・・パチ・・・
ザザッ・・・・ザザザザザザァァァァ・・・

音が藪の中を凄いスピードで移動しはじめた。
この時親父は、これはこの世のモノではないな・・・と直感し、振り向かなかったらしい。

ザザザザザザザザザザザザザ

音が炭釜の周囲を回りだした。
いよいよ尋常ではない。

親父はジッと耐えて火を見つめていた。

ザ・・・

声:「よお・・何してるんだ」

音が止んだと思うと、親父の肩越しに誰かが話しかけてきた。
親しげな口調だが、その声に聞き覚えはない。
親父が黙っていると、声は勝手に言葉を継いだ。

声:「お前、独りか?」
声:「なぜ火の側にいる?」
声:「炭を焼いているのだな?」

声は真後ろから聞こえてくる。
息が掛かりそうな程の距離だ。
親父は、必死の思いで振り向こうとする衝動と戦った。

声が続けて聞いてきた。

声:「ここには、電話があるか?」

なに?
電話?

奇妙な問いかけに、親父はとまどった。
携帯電話など無い時代のこと、こんな山中に電話などあるはずがない。
間の抜けたその言葉に、親父は少し気を緩めた。

親父:「そんなもの、あるはずないだろう」

声:「そうか」

不意に背後から気配が消えた。
時間をおいて怖々振り向いてみると、やはり誰も居ない・・・。
鬱蒼とした林が静まりかえっているばかりだった。

親父は、さっきの出来事を振り返ると同時に、改めて恐怖がぶり返して来るのを感じた。
恐ろしくて仕方が無かったが、火の側を離れる訳にはいかない。
念仏を唱えながら火の番を続けるうちに、ようやく東の空が白んできた。

あたりの様子が判るくらいに明るくなった頃、祖父(親父の父親)が、二人分の弁当を持って山に上がってきた。

祖父:「どうだ?」

親父:「いや、昨日の夕方から焼いてるんだが、釜の中へ火が入らないんだ」

親父は昨夜の怪異については口にしなかった。

祖父:「どれ、俺が見てやる」

祖父は釜の裏に回って、煙突の煙に手をかざして言った。

祖父:「そろそろ温くなっとる」

そのまま温度を見ようと、釜の上に手をついた。

祖父:「ここはまだ冷たいな・・・」

そう言いながら、炭釜の天井部分に乗り上がった・・・。

ボゴッ

鈍い音がして釜の天井が崩れ、祖父が炭釜の中に転落した。

親父は慌てて祖父を助けようとしたが、足場の悪さと、立ちこめる煙と灰が邪魔をする。
親父は火傷を負いながらも、祖父を救うべく釜の上に足をかけた。

釜の中は地獄の業火のように真っ赤だった。
火はとっくに釜の中まで回っていたのだ。

悪戦苦闘の末、ようやく祖父の体を引きずり出した頃には、顔や胸のあたりまでがグチャグチャに焼けただれて、すでに息は無かった・・・。

目の前で起きた惨劇が信じられず、親父はしばし惚けていた。
が、すぐに気を取り直し、下山することにした。
しかし、祖父の死体を背負って、急な山道を下るのは不可能に思えた。
親父は一人、小一時間ほどかけて、祖父の軽トラックが止めてある道端まで山を下った。

村の知り合いを連れて、炭小屋の所まで戻ってみると、祖父の死体に異変が起きていた。
焼けただれた上半身だけが白骨化していたのだ。
まるでしゃぶり尽くしたかのように、白い骨だけが残されている。

対照的に下半身は手つかずで、臓器もそっくり残っていた。
通常、熊や野犬などの獣は、獲物の臓物から食らう。
それにこのあたりには、そんな大型の肉食獣などいないはずだった。

その場に居合わせた全員が、死体の様子が異常だということに気付いていた。
にも拘わらす、誰もそのことには触れない。
黙々と祖父の死体を運び始めた。

親父が何か言おうとすると、皆が静かに首を横に振る。
親父はそこで気付いた。
これはタブーに類することなのだ、と。

昨夜、親父のところへやってきた訪問者が何者なのか?
祖父の死体を荒らしたのは何なのか?

その問いには、誰も答えられない。
誰も口に出来ない。

年寄:「そういうことになっているんだ」

村の年寄りは、親父にそう言ったそうだ。

今でも祖父の死因は、野犬に襲われたことになっている。