これは俺がちょっとした病気で1カ月ほど入院してた時の話だ。

当然のことながら、命にかかわる病でもないし政治家の先生でもない俺は個室ではなく大部屋で1カ月を過ごすことになった。
すると、自然と同じ病室の人と仲良くなったりするものである。
俺は隣のベッドの69歳の老人とよくおしゃべりをするようになった。
老人の名前を「渡邊」とする。

ある日、渡邊さんが着替えてると、俺は渡邊さんの体に傷のようなものがあることに気付いた。

俺:「その傷はどうしたんですか?」

そう尋ねると、渡邊さんは昔話を始めた。

今から48年前、渡邊さんが大学生だった頃、女関係でいざこざがあったらしい。
渡邊さんともう一人の男で一人の女を取り合うことになったとか・・・。
結局、渡邊さんのほうに軍配が上がった。

だが、ある日渡邊さんが友達と遊んでいる最中に女が交通事故で死んだそうだ。
当時はまだ携帯電話もない時代。
女は渡邊さんの名を呟きつつ無念のまま息を引き取ったそうだ。
それを恨みに思った男は渡邊さんを刺したというのだ。

俺:「それじゃあ、その時の傷なんですか?」

渡邉さん:「まだこの話には続きがある」

男は渡邊さんを刺して恨めしげにこう言い放ったらしい。

男:「急所は外しておいた。俺はこの後逮捕されるだろう。だが、俺は出所したらまたお前を死なない程度に殺しに行く。そして逮捕される。でもまた出所したらお前を殺しに行く。ずっとだ」

男の予想通り、男は次の日に逮捕された。
殺人未遂だが初犯で反省しているとのことで執行猶予がついたそうだ。
その執行猶予中に男は宣言通りに渡邊さんを刺しに行った。
執行猶予中の犯行ということで実刑がついた。

俺:「へぇ・・・そんなこともあるんですね」

そう相槌を打つと、渡邊さんは目をまん丸くして「まだ話は終わってない」といった。

その後、就職した渡邊さんはそんなことも忘れて仕事に打ち込んでいた。
8年の月日がたち、肌寒くなってきた時期にそれは起こった。
出所した男が性懲りもなく現れ、階段から突き飛ばされたそうだ。
さすがに3回の殺人未遂、男は懲役16年の実刑判決を食らった。

もう分かると思うが、14年後・・・。
模範囚として出所した男は渡邊さんを殺そうと刃物を購入し、一人暮らしでさびしくコンビニ弁当を食べていた中年リーマンだった渡邊さんを刺した。
傷はその時のものだというのだ。

俺:「恐ろしい男もいるもんですね、もしかしてそれで入院を?」

渡邉さん:「いやいや、今回はつまらん胃潰瘍だよ」

渡邊さんは豪快に笑った。

俺:「それで、男はどうなったんですか?」

渡邉さん:「懲役26年を食らったよ。無期懲役にしてほしかったがね。さすがに、4回目ということで模範囚として刑期の短縮はもうないだろうと検事さんも言ってたけどね」

俺:「え、それって・・・」

俺がつぶやくと、渡邊さんの顔が真っ青になった。

渡邉さん:「いや・・・それはないだろう・・・」

さっきの豪快な笑いとは打って変わって小さく笑った。
そのとき、看護師が渡邊さんを呼んだので話はそこで終ってしまった。
残念なことに、その日は俺が退院する日でもあった。

風の噂では渡邊さんはその後、病院の階段から滑り落ちてうちどころが悪くて死んだそうだ。

まさか・・・ね。