今から数年前、僕と僕の友人だった人間が学生だったころの話。

ときは夏休み、自由研究のため、友人・・・仮にナナシとするが、僕はそのナナシと、「心霊現象」について調べることにした。

ナナシはいつもヘラヘラしてるお調子者で、どちらかといえば人気者タイプの男だった。
いるかいないかわからないような陰の薄い僕と、何故あんなにウマがあったのかは、今となってはわからないが、とにかく僕らはなんとなく仲がよかった。
なので自由研究も、自然と二人の共同研究の形になった。

また、心霊現象を調べようと持ち掛けたのは、他ならぬナナシだった。

ナナシ:「夏だし、いいじゃん。な?な?」

しつこいくらいに話を持ち掛けるナナシに、若干不気味さを感じながらも、断る理由は無かったし、僕はあっさりOKした。
そのとき僕は、『ナナシはそんなにオカルト好きだったのか、そりゃ意外な事実だな』なんて、くだらないことを考えていた。

僕:「どこ行く?伊勢神トンネルとか?」

僕は自分でも知っている心霊スポットを口にした。
しかしナナシは首を横に振った。

ナナシ:「あんな痛いトコ、俺はムリ」

そのナナシの言葉の意味は、僕は今も理解ができないままでいる。
何故「怖い」ではなく「痛い」なのか、今となっては確かめようがない。
だが、ナナシは確かにそう言った。

話を戻すが、ナナシは僕が何個か挙げた心霊スポットは全て事々く却下した。
意見を切り捨てられた僕は、いい加減少しムッとしてきたが、ちょうどそのとき、ナナシが言った。

ナナシ:「大門通の裏手に、アパートがあるだろ。あそこにいこう」

そのアパートの存在は、僕も知っていた。
もっとも、心霊スポットだとかオカルトな意味じゃない。
天空の城ラピュタとかに出てくるような、蔦や葉っぱに巻かれたアパートで、特に不気味なアパートってわけではないが、入居者はおらず、なのに取り壊されることもなく、数年・・・下手したら数十年、そこに在り続けているアパートだ。

僕:「あんなとこ行っても、なんもねーじゃん。幽霊がいるワケじゃなし」

ナナシ:「いいから。あそこにしよう。」

ナナシは渋る僕を強引に説き伏せ、結局、翌日の終業式のあとに、そのアパートに向かうことになった。

時刻は午後4時36分。
僕らはアパートの前にいた。

終業式を終え、昼飯を食べてから、しばらく僕らは僕の部屋でゲームなんかをしたりした。
何故すぐにアパートに向かわなかったのか、向かわないことを疑問にも思わなかったのか、あの時の僕にはわからなかったし、今の僕にもわからない。
ただ、すぐにあのアパートに向かわなかったことを、僕は未だに後悔している。
否、あのアパートに行ってしまったことを、後悔してるのかもしれない。

とにかく、しばらく遊んだあと、唐突にナナシが「さ、そろそろかな。」と言い、僕はナナシに手をひかれてあのアパートに向かった。
そのときのナナシの横顔が、なんだか嬉々としていたような、逆に悲しげなような、なんとも言えない表情だったことを、僕は忘れないだろう。

そして、僕らはアパートに着いた。

ナナシはひと呼吸置くと、「終わった、な。」と言った。
その言葉の意味がよくわからなかった僕は、ナナシに聞き返したが、ナナシは無言のまま僕の手を引いた。

いつものナナシじゃない、お調子者のナナシじゃない・・・。

そんな不安が胸元にチラついたが、ナナシは構うことなくアパートの階段を上る。
そして、「302」とプレートのついた部屋の前に立った。
異様な空気が、僕の背中を掠めた。

僕:「ナナシ・・・?」

ナナシは答えないで、ドアの前にあった、
枯れた植木鉢から鍵を取り出し、ドアを開けた。

すると、そこには・・・「人間だったもの」が、あった。

僕:「うぁあぁあぁあっ!!!」

僕は大声を上げてヘタリこんだ。
玄関先には女のひとが倒れていて、はいずるように俯せている。
その体の下からは、夥しい量のまだ生々しい赤黒い血が、水溜まりのようになっている。
僕はガタガタ震えながら、ナナシを見た。
でも、ナナシは、「あはははははははははははははははは!!!!!!」

笑っていた・・・。

僕はナナシが発狂したのかと思ったけど、そうじゃなかった。

ナナシ:「見ろよ!!これが人間の業なんだよ!!ラクになりたくて死のうとしたって、死ぬことにまだ苦しむんだ!!この女、2日も前に腹をかっさばいたんだぞ!!2日だぞ!!2日も死ねなくて、痛い痛いって死んだんだ!!痛い苦しい助けてって、声も出ないのに叫びながら死んだんだよ!!!!死にたくなって腹を切ったのに、死にたくないなんて我が儘もいいとこだ!!」

ナナシが早口でまくし立てる。
僕は、死体よりも、血よりも、何よりも、ナナシが凄くこわかった。

ナナシ:「死にたくないなら死ぬんじゃねぇよ!!!!死にたくなくても死ぬんだから!!!!馬鹿馬鹿しいにも程がある!!!神様なんていやしない!!!助けてくれるやつなんか、世界が終わっても来やしないんだよ!!!!」

ナナシは叫び続けた。
僕はナナシに必死にすがりついて、わけのわからないことを口走りながら、泣いた。
しばらくして、我にかえると、ナナシが僕の頭を撫でていた。

ナナシ:「警察、呼ばないとな。」

ナナシは、そう言った。
さっきまでの凄まじい形相のナナシはいなかった。
でも、僕の友達だった、ヘラヘラ笑うお調子者のナナシも、もうどこにもいなかった。

僕らは警察を呼び、簡単に事情を聞かれて、家に帰された。
僕らは一言も口を聞かぬまま、別れた。

その日、僕はいろんなことを考えた。
何故、ナナシはあのアパートに行こうと言い出したのか。
何故、ナナシはあの女のひとが2日前に自殺を図ったことを知ってたのか。
何故、ナナシはあの部屋の鍵の場所を知ってたのか。
ナナシがつぶやいた、「終わったな」って、なんだったのか。

オカルト的な考えになるが、きっとナナシは、死人の声みたいなものが聞こえるんだろう。
死ぬ間際の、断末魔なんかが聞こえるタチなんだろう。

ナナシが「終わったな」って呟いたとき、あの女のひとは死んだんだろう。
鍵の場所も、あの女のひとの生き霊みたいなものが、助けてほしくて、教えてくれたんだろう。
でも、僕らは間に合わなかったのだ。
僕はそう考え、凄く悲しくなった。僕らが間に合わなかったせいで、あのひとは死んだんだ。
まだ、助かったかもしれないんだ。

僕らが早く行っていれば・・・。

そこまで考えて、僕はひとつの疑問が浮かんだ。
もし、もしさっきの仮説が正しくて、ナナシに不思議な力があるなら。
何故、ナナシはすぐにアパートに向かわなかった?
何故、ナナシはすぐに警察なり救急車なりを、昨日の時点で呼ばなかった?
否、否否否。

ナナシが早口でまくし立てていただけで、本当に自殺かどうか、実際はわからない。
まして、あの部屋には、血溜まりと死体はあっても、凶器なんかは見当たらなかった。

否、否否否。

それ以前に、それ、以前に。
僕らが部屋に入ったあの時点で、本当に、あのひとは死んでいたのか?
もし、まだ死んでなかったなら。
そして、自殺じゃなかったなら、そこまで考えて、背筋が凍った。

それからしばらく、僕はナナシとマトモに喋ることができなかった。