A:「なぁ、呪いのキーホルダーってあるのか?」

ある日、大学で同じ専攻のAが俺に話し掛けてきた。

俺:「何?キーホルダー?」

Aは一言で言うと、嫌なヤツ。
ガタイが良く、小中高で「こんなイジメをしてきた、喧嘩で負けたことがない」、なんてことを自慢げに話す。
頭の悪いヤツだ。

なんでそんなヤツと繋がりがあるかと言うと、Aは実は情けない程の怖がりで、自分に霊感があると信じ込んでいるらしく、ちょっとしたことがあると、オカルト好きで変わった趣味を持つ俺に相談しにくるからだ。
もちろん、何か霊的なことがあったことは一度も無い。

A:「そうだよ、キーホルダー。持っていると、数日後に死んでしまう、とかいう呪いがあるらしいんだ。」

俺:「聞いたことないなぁ。まぁ、よくある話じゃないか?」

A:「知らないか・・・。もしかしたら、お前の趣味からして、持ってるんじゃないかと思ったんだが。」

俺の趣味・・・。
実はオカルトグッズ集め。
物心ついた頃から始め、今では相当な数になっている。

俺:「いやいや、第一、もしそんなの持ってたら俺が死ぬだろ?」

A:「あぁ、まぁそりゃそうか・・・。でも聞いたことも無い、か。」

俺:「俺が知る限りじゃないなぁ。何かあったのか?」

A:「実は・・・今、持ってるんだよ。」

俺:「・・・?」

Aはカバンの中から、変な形のキーホルダーを取り出し、俺に見せてきた。
菱形の銅版の真ん中に十字架が掘られており、その上にバツ印が描かれている。
はっきり言って安物の、どこにでもあるキーホルダーだ。

俺:「これが呪いの?何か曰くがあるのか?」

A:「いや、良く分からないんだが・・・。昨日の夜、家でカバンの中見たら、コレが入ってたんだ。メモみたいのと一緒に」と言って、そのメモを俺に見せてくる。

俺:「『これは呪いのキーホルダーお前はもう助からない』・・・なんか稚拙な文章だな。誰かのイタズラだろ。」

A:「そうだよな。イタズラだよな。ったく、腹立つわ・・・。それ、やるわ。」

俺:「ん?いらねーよ、こんなの。俺はちゃんとしたモノしかコレクションしないんだ。」

A:「あぁ、そうか。じゃ捨てて帰るわ。まったく・・・」

ブツブツ言いながら、近くのゴミ箱にキーホルダーを捨て、Aは帰っていった。

それから2日後、またAが俺のところに来た。
何かオドオドしている。

A:「なぁ、この前、捨てたよな?アレ、確かに捨てたよな・・・!?」

俺:「何言ってんだ?」

A:「キーホルダーだよ。ゴミ箱に捨てたはずの!あれが、またカバンに入ってたんだよ!」

そう言って、Aはカバンからキーホルダーを取り出す。
確かにあのキーホルダーだ。

俺:「ほんとだ・・・」

Aは確かに捨てていた。
俺も見ている。

A:「呪われたのか?もうダメなのか?なんとかしてくれよ!これ、やるよ!お前持ってろよ!」

俺:「いや、いらないって。落ち着けよ。・・・うーん、だけどそれ、もう捨てない方がいいかもな。」

A:「何でだよ?じゃあ死ねってのか?」

俺:「呪いのアイテムってのはな、捨てようとすると逆効果なんだよ。捨てれば捨てる程、力が強くなる・・・ってのもよくある。」

A:「はぁ?先に言えよ!?ふざけんなよ!一回捨てちまったじゃねぇか!」

もう、こいつは本当に・・・。

俺:「あー、じゃあちょっと調べてみるからさ。ちょっと数日待ってくれよ。」

A:「数日?何日だよ!急げよ!」

騒ぐAを何とかなだめて、俺は早々にその場を退散した。

その翌日、俺が図書館で調べ物をしていると、Aがやってきた。
なんだか元気が無い。

A:「ちょっと聞いてくれ・・・。もうヤバイかもしれん。」

俺:「ど、どうしたんだよ?」

A:「昨日の夜さ、寝る前にトイレに行こうとしたんだよ。おれ1人暮らしだろ?でもさ、普通にトイレのドア開けようとしたら、開かないんだよ。誰もいる訳ないのに、何故か、中からカギ掛かってて・・・。そしたら、中から声が聞こえたんだよ。しかも1人じゃない、何人かの声が。おーい、おーい、おーい・・・って呼んでる声が・・・。」

Aは思い出したのか、震えていた。

A:「慌てて部屋から飛び出したよ・・・。」

その後、朝までコンビニやらマンガ喫茶で時間潰して、朝になってから部屋に戻ったらしい。

A:「なぁ、なんとかならないか?頼むよ。そうだ。お前、今日うちに泊まりに来いよ。」

こいつの家には何回か行ったことがあるが、今はちょっと事情が違う。

俺:「いや、今日は無理だわ。うーん、そうだな・・・これ、使ってみろよ。」

俺は準備してきた護符をAに渡す。

俺:「これ、部屋に張っておけよ。お前のこと守ってくれるハズだから。」

A:「おぉ・・・すまんな!ってかもっと早くによこせよ!」

Aは護符で安心したのか、勝手なことを言って帰っていった。

翌日、またAが俺のところに来る。
なんだかゲッソリしている。
どうやら護符は効果がなかったらしい。

A:「夜中、寝ていると、何か気配を感じてさ、ふと目が覚めたんだ。そしたらさ・・・部屋に何か居たんだよ。黒い影が部屋の隅に。で、また聞こえたんだ。呼ぶ声が。今度は俺の名前呼んでるんだよ。○○・・・○○・・・って。」

Aは頭を抱えている。

俺:「あの護符でダメか・・・」

俺は少し考えて、「これは昨日のより強力なものだ」、と言って別の護符を渡した。
今できることはこれくらいしかない。
Aはそれを受け取り、フラフラと帰っていった。

しかし、Aの周りには怪現象が起きつづけた。
聞こえてくる声は変わった。
もっと直接的な、「死ね・・・死ね・・・死ね・・・」という声に変わった。
携帯の留守番電話にも入っていたり、部屋で寝るのが怖くて、公園のベンチなんかで寝ようとしているときにも聞こえてきた・・・と言っていた。

Aは1人でブツブツと独り言を言ってることが増えた。
普段から近づく人は少なかったが、以前以上にAに近づく人は減った。
気が狂いかけていたか、もしくはもう狂っていたのかもしれない。
しばらくして、Aは大学に来なくなった。

そしてそれから数日後、Aが部屋で首を吊って死んでいるのが発見された。

今、俺の手元にはAが持っていたキーホルダーがある。

安物のキーホルダー。
俺が買った、ただのキーホルダー。

Aのおかげで、これは呪いのキーホルダーになった。
ゴミ箱を漁ったり、合鍵作って部屋に忍び込んだり、録音した声を聞かせたりと、色々努力した甲斐があった。
Aが単純な男で、本当にやり易かった。

これで、俺のコレクションがまた1つ増えた訳だ。

『呪いのキーホルダー』

ちゃんと曰く付きの、実際に持っていた人が死んでいる、ホンモノだ。