車で走っているときに「赤ちゃんが乗っています」と書かれたステッカーを張った車を目にすることはないだろうか。
初心者マークや紅葉マーク、障害者マークと同じで子どもが生まれたら貼るぐらいに思っている人は多いのではないだろうか。
しかし、実際にあのステッカーが何を意味するのか知って貼っている人は少ない。
実はあのステッカーが生まれた理由には悲しい物語があるのだ・・・。

1980年代のアメリカでのこと。
高速道路である女性が事故を起こしてしまう。
その女性は重体となり、数日意識不明が続いた。
そして、なんとか持ち直して意識が戻ったときその女性が一番最初に発した言葉は「私の赤ちゃんは無事?」であった。

しかし、医者は子どもがいたとは聞かされておらず、とりあえず警察に連絡を取った。
警察もその存在を確認しておらず、慌てて保管されていた事故車両の中を探すと、後部座席の下ですでに冷たくなっていた赤ちゃん発見する。
赤ちゃんに目立った外傷はなく、母親と同時に発見されていれば助かったであろう命であったそうだ。

この教訓を踏まえ、あのステッカーは開発された。
そう、あのステッカーの本当の意味は、「事故車両の中に赤ちゃんがいます。一番に助けてください・・・」という意味なのだ。