俺が中学の時、『神谷のおばさん』という有名人がいた。

同級生、神谷君の母親なので『神谷のおばさん』な訳だが、近所は勿論、同じ中学の奴もほとんど神谷のおばさん知ってる位有名人。
見た目は普通のおばさんなんだけど、とにかく話を聞くのも話すのも上手い人で、地元じゃ有名なヤンキーすら、「神谷のおばさんに怒られちゃしょうがない」って悪さ止めるくらい。

俺達中学生の下らない悩みとか、相談を真剣に聞いてくれたし、本気で怒ったり励ましたりしてくれる人だったな。
親とか先生には話せないことを、相談出来る大人って感じ。皆の母ちゃんっていうか。

で、神谷のおばさんといえば『怖い話』って思い出す位、怪談物が得意だった。
内容は多分よくある怪談なんだけど、とにかく話し方が上手いんだよ。
滅茶苦茶怖くて、女子なんかキャーキャー大騒ぎになるくらい。
そんな神谷のおばさんに関する話。

俺が中2の秋、クラスに転入生が来たんだよね。
秋山君っていったと思う。
田舎だったからあんまり転入生とかなくって、結構注目されてたような気がする。
背が高くて、顔立ちも整ってて、いかにも女に受けそうな奴だなぁってのが、俺の第一印象だった。

最初の頃は皆、秋山の周りに行ってあれこれ世話してたんだけど、日が経つにつれ、秋山は皆から避けられていった。

「犬に石ぶつけてた。犬が怪我しても止めないの」

「猫をおもいっきり蹴って、猫がピクピクして身動きしないのを、踏みつけようとした」

勿論担任の耳にも入り、注意されたみたいだけど、母親が乗り込んできて、「学校で悪いことしてないでしょう!勉強だって出来るんです!犬猫に何したって、成績良ければいいじゃないですか!」と大騒ぎしたらしい。

今でいうモンペだったんだな、母親。
噂では、前の学校でも問題起こして、母親と学校が揉めたらしく、それで両親が離婚。
母親の実家に戻って来たってことだった。
うちの母親が地元出身で、この秋山母のことも良く知ってたとかで、そんな噂も俺の耳に入ったわけ。

しかし、うちの担任は熱血漢で、はいそうですか!とは引き下がらない。

「命の大切さ!弱いものを慈しむ心!教育とは勉強だけじゃないんですよ!」と、全面的に争う姿勢。
日頃担任をうざがってたヤンキー連中すら、「全くだ」と応援してたのがおかしかった。)

とにかく秋山は怖かった。
ヤンキーとかの不良に感じる怖さじゃなくて、得体が知れない闇みたいで、本気で皆怖がってた。

ある日、俺が神谷ん家に遊びに行くと、ちょうどおばさんと神谷が買い物に行くところだった。
近所のスーパーなんだけど、米やら重いもの買うから付き合うんだとのこと。
なら俺も付き合うよと、三人でスーパーに向かう。

買い物中、秋山が少し離れた所にポツンと立ってるのに気付いた。
秋山の家はここから大分離れてる。
ちょっと買い物にしては不自然だった。

俺は神谷の事を肘で小突いた。
神谷もすぐに秋山に気付いたみたいだった。

俺:「何でこんなとこにあいついんの」

神谷:「知らねぇ」

ひそひそやってたら、おばさんが後ろからスッと顔出した。

神谷のおばさん:「あれ、あんたが言ってた秋山君って子?」

俺:「良く分かったな~」

そう二人でビックリしてたら、「アレは駄目。近寄らないでね。それしか方法が無いわ」と、それだけ言うと、おばさんは買い物に戻っていった。

今までどんな不良でも決して見捨てなかったおばさんの一言が、えらいショックだった。

神谷:「うちの母ちゃんがあんな事言うなんて」

神谷もかなり驚いたらしい。

それからしばらくして、秋山がパッタリ学校に来なくなった。
でも誰も心配しなかったし、むしろこのまま来ないで欲しいという空気だった。

何回か母親が学校に乗り込んできて、「イジメがあったはずだ!だから息子はおかしくなったんだ!」と騒いでいた。
イジメは無かったけど、クラスで孤立していたのは事実だから、何かゴチャゴチャはしたらしい。

実は俺の家にも、秋山母が来たんだよね。
うちの母ちゃんのこと、向こうも知ってたみたいで。

秋山母:「あんたの息子が苛めてたんじゃないのか」

秋山母:「うちの子が出来がいいから妬んでた」

秋山母:「どうせろくでもない息子だろ。お前の息子が狂えば良かった」

最初は穏便に追い払おうとしたうちの両親も、最後はかなりキレてたな。
俺は何となく悲しかった・・・。
ああ、このおばさんも狂ってるんだなぁ・・・って。

三学期も終わり、春休みのある日、俺は神谷の家に遊びに行った。
おばさんと三人でお喋りしてるうちに、ふと秋山の話になった。
実はずっと気になってたんだよね。
なんで秋山に近寄らない方が良かったのか。

秋山は結局学校に戻らなかった。
完全におかしくなっちゃって、今でも病院らしい。

秋山母も、離れた病院に入れられたらしい。
秋山祖父母は「あんなキ○ガイ、うちの人間じゃないから、死ぬまで入院させておいてくれ」と言ったとか。

そんな話と、家まで怒鳴り込みかけられた話との後、俺は神谷のおばさんに聞いた。

俺:「結局秋山はなんだったの?」

おばさんは少し考えた後、「人間ではない」と答えた。

神谷のおばさん:「一目見てわかったよね。もう人間じゃなかった。本当の秋山君は、多分普通の子だったと思うよ。小さい頃から少しずつ食べられて、本当の秋山君はもういなくなっちゃってた。秋山君の皮の中に、ドロドロした念が詰まって、人間の形になってるだけ」

俺も神谷も驚愕した。
今まで『怪談』は良くしてくれたけど、こんな霊能力者みたいな事を、おばさんが言ったのは初めてだったのだ。

俺:「な、なんでそんなことになっちゃうの?!怖いよ!」

真剣にビビる俺(笑)神谷も真っ青だった(笑)

神谷のおばさん:「親の因果が子に報い~ってやつかしらね?あの家のお祖父さん、何人も人死なせてる。直接殺した訳じゃないけど、あのお祖父さんのせいで死んだ人が沢山いる。秋山君のお母さんが歪んでるのはそのせい」

神谷のおばさん:「でも、それじゃ治まらなかったから、秋山君までいっちゃったのね。死んだ人の恨みとか呪いが禍々しいモノを呼んで、秋山君は食べられちゃった。可哀想に」

神谷:「そんなのないよ!じゃあ秋山悪くないんじゃん」

神谷のおばさん:「因果ってそんなもんなのよ。個人じゃなくて『血』に祟るの。親しい人とかね。あんたらも心しておきなさいね。そういうのには、人間の理屈は通用しないのよ」

神谷のおばさんは、最後こう言った。

神谷のおばさん:「見てなさい、あのお祖父さんだって。さ~て、お夕飯の支度しよっと!あ、木村くん(俺)も食べていきなさいね~」

おばさんは普通に台所に消えていった・・・。

俺と神谷はすげぇ落ち込んでた。
だって、自分が悪くないのに、そんな目に遭うなんて怖すぎる・・・。

何となく、この話は誰にもしない方がいい気がして、俺と神谷だけの秘密みたいな扱いになった。
俺も今や40近くなり、おばさんは鬼籍の人となったから投下した次第。

その後、秋山の祖父は病気になり、全身が麻痺。
寝たきりになった。
祖母は看病疲れで亡くなり、じいさんは施設に入れられた。

秋山祖父は昔は強欲な金貸しやってて、相当悪どかった、と後から聞いた。
じいさんが入れられた施設に、うちの母親の同級生が勤めていて、その人情報だと、全身硬直していて座ることも出来ない。

それなのに痛みが止まらない・・・。
いくら処置しても床擦れが治らない・・・。
床擦れから感染して、色んな病気になる・・・。
それなのに死なない・・・

「あれは生地獄だよ」と、うちの母親の同級生。

結局じいさんはつい最近まで、つまり20年近くそのままだった。
秋山母と秋山に関してはよく知らない。
生きているのか死んでいるのかさえ・・・。

結局全て偶然なのかもしれない。
秋山祖父はただ性質の悪い病気になっただけで、秋山母と秋山は精神病を患っただけ。
だって、世の中には何も悪い事してなくても、病気や事故で不幸な目に遭った人はいっぱいいるし。

それでも俺は、いまだに墓参りや法事には真剣に参加してる。
ご先祖様ありがとう。
皆のおかげで俺は幸せに暮らしてます。