俺の父方の祖先は九州の山奥の領主だった。
これは、父が自分の祖父から聞いた話。
つまり俺にとっての曽祖父、以下、曽祖父と呼ぶ。

曽祖父の両親は田舎の名家ということもあってかかなり厳しい人間だったらしい。
幼かった曽祖父は何かいたずらをする度に激しく怒られた。
そして怒られる時は必ず「埋めるぞ!」と脅された。
まだ幼かった曾祖父は本気で恐怖したようだ。
そして曾祖父は何故か山に登ることを固く禁じられていた。

当時曽祖父一家が住んでいた屋敷は山の中腹に建っていたのだが、麓に降りることは許可されていたが上ることは許されなかった。
理由を聞いても「ここから上は迷いやすくなってる」「獣が出るから」と曖昧な返事しか返ってこなかった。

ある日曽祖父は両親の言いつけを破り山に上った。
曽祖父は既に10歳になっており、両親の言いつけを馬鹿正直に守ることもなくなり、体力にも自信がついていた。
家から麓までの道のりは既に探検しつくしており、厳しい両親は曽祖父が町に行って遊ぶことを許さなかった。
そろそろ新しい遊び場が曽祖父にも必要だったのだろう。

曽祖父は家を抜け出し、こっそり山に登った。

思いの他道はなだらかで登りやすかったらしい。
しばらく歩くと森が見えてきた。
曽祖父は森の中に入った。
森の中をしばらく散策した後、木の下で家から持ち出したおにぎりを食べ休憩した。
そろそろ帰ろうかと曽祖父が腰を上げたとたん、どこからかうめき声が聞こえた。

怪我人か病人でも倒れているのだろうか?
曽祖父は探し回った。

大きくなったり小さくなったりするうめき声を必死に辿ると、曽祖父はとんでもないところに行きついてしまった。

そこは堆く積まれた木の葉が小山になっている場所で声はその木の葉の下から聞こえてきたのだ。

「こんなところに人が・・・木から落ちでもしたのか?」

曽祖父は恐る恐る木の葉を掻き分けた。
何と、中から人の首が出てきた!!

一瞬訳がわからなかったがどうやらその人は首だけ出して地面に埋められているようだった。
その人は大分衰弱していてうめき声は上げているものの・・・意識ははっきりしていなかった。

曽祖父が必死で呼びかけるものの薄目を開けるだけで返事はない。
混乱した曽祖父が助けを呼びに行こうと走り出すと前方に数人の人間がいることに気がついた。

彼らは曽祖父をじっと見ている。
彼らに助けを乞おうと曽祖父は走りかけたがどうも様子がおかしい・・・。

まず、奇妙なのは彼らの格好だった。
男も女も髪を長く伸ばしていて、寝巻きのような衣服を身につけていた。
そして彼らはけして曽祖父を歓迎していないようだった。
何やら曽祖父を睨み付けながらヒソヒソ話をしている・・。

咄嗟に曽祖父は彼らに背を向け、家に向かって逃げ出した。
何やら後ろから怒声が響いたが、聞き取れなかった。

家に駆け込んだ祖父は禁を破って両親から怒られることも忘れて生き埋めになっている人、そして奇妙なかっこうをした連中のことを話した。

家人達は曽祖父の話を黙って聞いていたが「それはヤマノタミだ。埋められた者は何か悪いことをしたのだ。我々と彼らは合い知れんのだ。干渉してはいかん」とぼそりと呟いた。

曽祖父は、二度と山に登らなかった。

確かめようにも俺の現住所は東京だし・・今その人たちどうなったんだろう。
ヤマノタミって一体どんな人たちだったんだろうな~。