デパート・百貨店ではお客様に伝えてはいけないことや、業務連絡などを店員同士が隠語で伝えるそうだ。

例としてあげる。
トイレ→4番行ってきます。
休憩→10番行ってきます。

などや、店内の音楽を変えることでメッセージを伝える方法として、雨が降ってきた→“雨に唄えば”の音楽が流れる。
F1の音楽→当日分の売上目標達成・・・などがある。

なかには店内アナウンスで使われる隠語もあり、中央区からお越しの○○さま~は、従業員の呼び出しで使われる隠語だ。

しかし極稀ではあるがこんな放送が流れることがある。

「従業員にお知らせです。先ほど“赤い箱”が届きましたので~」

実はこの“赤い箱”、店内に爆発物が仕掛けられた際に使われる隠語なのだ。
国内でこの隠語が使われたのはわずか2回ほど。

遭遇したときには一目散にお店から出るのが賢明だろう。