数年前、まだ学生だった僕は24時間営業の某弁当屋の深夜時間帯(22時~翌6時)でアルバイトをしていました。
その店舗の目の前はセレモニーホール。
いわば葬儀屋で、時々店にお客さんが入ってくると鳴るピンポーンて音がしても誰もいないとかはありました。

一緒にやってるおばちゃんも、「時々作業中背中に視線を感じるのよ、振り向くと誰もいないんだけどね。」とか言うんです。

そんなある日のことです。
だいたいバイトは2人体制ですが、深夜2時~3時頃に一人が休憩に入ります。
その日も多分深夜2時を過ぎた頃かな・・・。
もう一人のバイトが、近くのコンビニに何かを買いに出て行きました。
店には僕一人しかいません。
しかし深夜バイトは店の清掃もしないとなりません。
僕は店のガラスを掃除しようと店の外に出ようとした時です。

ふと外を見ると、店の端の方のガラスに赤い帽子をかぶった、6歳くらいの男の子が外から店を見ているのです。

深夜2時・・・こんな時間に子供ひとりいるわけがない・・・。

僕は恐ろしくなって、緊急連絡先の社員に電話してました。
でも出ません・・・。

そして次の瞬間!

ビンポーン

音がなったのです。
誰かが店に入ってきた・・・その合図です。

僕は恐ろしさで、店の奥にうずくまっていました。

「おーい」

おっさんの声で、俺はただのお客さんなのか・・・と思い、むしろむ安心して「いらっしゃいませー」とか笑顔でレジのある場所まで走ってったら・・・誰もいない。

いや、いた!

うちの店には唐揚げとかお惣菜が並んでたりするんだけど、時間的に廃棄になって、そこにはもう、何もなかったのに・・・そいつは、そこで何かを食べてた。

だけど、食いながら・・・腹から何かがダラダラと流れてた。
さっきの子供・・・。
腹に穴が空いてるのか・・・

俺は声も出なくて、体も思うように動かなくて、とにかく奥にある従業員用の部屋に逃げようとしてた。

とにかく見つかったらヤバイ!

そして、僕はやっとの思い出体を動かしながら奥へ逃げようとしてたその目の前に、そいつは立っていました。

従業員用の部屋のその前に・・・赤い帽子をかぶった子供が!

顔はケロイドみたいに溶けて、左手は手首から先がなくて丸くなって・・・腹には穴があいて、何かドロドロと垂れ流して・・・

俺は悲鳴にならない悲鳴をあげて、そこで倒れしまったようで、その後のことは全然覚えてない。

バイトはすぐ辞めました。