寝ていて夢を見ないということはほとんどなく、そのうち三回に一回ぐらいは確実に夢の中でこれが夢だと気づくことができます。
まあつまりは明晰夢(めいせきむ)を見ることができるということですね。
※【明晰夢(めいせきむ)】自分の思い通りにできる夢を

慣れてくるとある程度コントロールできるようになり、誰でも思い描くような空を自由に飛んだり、意識した場所に無条件にテレポートすることができるようになってきました。
俺の場合は子供の頃から夢の内容をほとんど記憶していて、一時期は夢日記のようなものまでつけていたことがあります。

どうしてそんなことをするのかというと、いわゆる既視感(デジャブ)が起こったときにそれを記録していると、その内容を改めて見かえしてみると単純に楽しいからです。
そしてそれと同時に、「やはり運命というものはあるんだな」と実感できるからです。
過去に見た夢が数ヶ月、もしくは何年か経って実現するのだとしたら、それは変えられないことに思えるからです。

しかし、やはり不安なこともあります。
明晰夢じゃない状態、つまり普通に夢を現実だと思っている状態で自分自身が死ぬ、という夢を見たときです。
もし、これが同じ状況で既視感が起こったとしたら、それはもう変えられないからです。
とても恐ろしく思えます。

そして前置きが長すぎましたが、今回はその明晰夢の中での話です。
今まで見た中であの出来事が一番不思議でした。
それをお話します。

いつものように眠りにつき、そして夢の中に入っていきました。
その日は夢の始まりが唐突にビルのエレベーターの中のような場所だったので、なんなくこれが夢だと気づけました。(現実的で尚且つ自然な始まり方だと気づかないときが多いです)

エレベーターは動いたままでした。
どうやら下に向かっているようです。
回数のボタンを見ると14階まであり、B2のボタンが点滅していました。
どうやら地下2Fに向かっているようです。
「チン」という音ともに多少の振動があり、そしてエレベーターが停止しました。

ドアが開くとそこは普通の地下駐車場。
少し薄暗く、でもどこにでもあるような普通の駐車場でした。
車もちらほらと止まっています。

明晰夢の状態なのでさっさと外に出て、好き勝手にやろうかとも思いましたが、今回はその夢にもう少し便乗しようと思いました。
ただの気まぐれです。
そして、そこに止まっている車を適当に選びドアを開けて(当然どの車もドアは開く)キーを回してエンジンを掛けました。
そして普通に外に出てみました。

しかし自分がイメージがそうさせているのか、外に出ても明るさからもまだ昼間だというのに道路に一台も車が走っていません。
人も歩いていませんでした。

普段見る場合は大抵現実と同じように人が行き来し、ゴミゴミとした街中が出てくるので、なんだか貸し切りのような良い気分でした。
辺りは高いビル郡が建ち並ぶ都心のオフィス街のような雰囲気。
そのまま車を適当な方向に走らせのんびりとドライブを楽しんでしました。

そのまま車を走らせていると突然バス停のような場所に一人の女性が立っていました。
そして手を上げています。
今まで全く人が登場しなかったので、退屈ということもありこれはいい機会とばかりにその女性の前に車を止めました。
すると当たり前のように普通に車に乗り込んできます。

その女性は綺麗めな顔立ち、髪がセミロングくらいでベージュ色のスーツを着たほっそりとした印象の女性でした。
なんだか嬉しくなり、車を走らせて、声をかけてみました。
とりあえず第一声は「こんにちは。」と。

すると笑顔で「こんにちは。乗せてくれてどうもありがとう」と答えてくれました。
そして俺は続けて、「えーと・・お名前は?」と少し照れくさそうに聞いてみました。
すると「わたしは○○っていいます。あなたは?」と聞き返してきました。
「俺はA。よろしく」とすぐに返答しました。

その後も車を走らせながらありきたりな会話をしました。
そして、ふと我に返り、一ついじわるな質問をしてみることにしました。

俺:「えーとさ、ちょっと聞きたいんだけど・・・」

女性:「え?なに?」

俺:「これってさ。あ、いやこれって言うのは今のこの状況」

女性「うん」

俺:「これがさ、夢だってもしかして気づいてる?」

女性「え!!」

俺:「どうしたの?」

女性「あなたもなの?私はてっきりアナタ私の夢に登場する単なる登場人物だと思っていたのよ。ほんとに驚いたわ・・・」

俺:「え・・・君もそうだったのか。驚いたよ・・・俺もそう思ってたから」

女性:「まさか、同じような人に会えるとは思わなかった。こんなことは初めてだし」

俺:「俺も初めてだよ。ほんとまさかだね」

女性:「・・・ということはつまり、わたしとアナタの意識が繋がってるってことになるのかしら??」

俺:「多分そういうことだろうね。つまり現実でも会おうと思えば会えるってことになる」

女性:「あははは。そうよね。おもしろそうだし、会ってみる?なにから教えたらいいからしら。やっぱまずは電話番号かな?」

俺:「メモる物がないからちょっと不安だけど・・・まあそうだね」

女性:「私の電話番号は○○○よ。暗記してね(笑)」

俺:「・・・うん。暗記した。たぶん大丈夫(笑)」

俺:「それじゃ夢から醒めたら絶対するよ」

女性:「うん、絶対ね」

と、こんな感じで話をしました。
この後からは残念ながらよく憶えていません。

しかし、夢の中で電話番号を聞けるなんて思ってもいなかたったし、そしてそれを正確に暗記していたことが今考えてもすごいです。

それから夢から醒めて、すぐ直後にその番号を紙にメモしました。
そしてすぐに電話してみました。。

トゥルルルルル・・・

コールが2回も鳴らないうちに・・女の人の声「はい、もしもし??」と焦ったような感じの女性の声がしました。

俺:「あの・・・○○さん?・・・ですか?」

女性:「え!!・・・やっぱり。」

俺:「あ!!!!そうそう!俺だよ!」

女性:「キャーーーーやっぱりぃ!!ほんとにほんとだったんだ!あの夢」

俺:「おーーー!すごいな。これ。ほんとに・・・」

女性:「ほんとに?これほんとに?現実だよねえ??」

俺:「うん、ほんとにほんとだったんだよ。ていうかそんな興奮しないで少し落ちついて(笑)」

女性:「車に乗せてくれたよね?(笑)」

俺:「うんうん、だからそうだって(笑)」

そして、その後も話が弾み、やはり当然のように会ってみようということになりました。
その日は平日だったので、すぐに会いたいという気持ちもありましたが、距離も少し離れていたし、なによりその女性は仕事が忙しいとのことで、今度の日曜日にでも、ということになったのです。

そして三日後。
その日曜日になりました。
それまでも毎晩電話をしていました。
また同じように夢の中で会ってみようなどと話していましたが、その三日間はお互い明晰夢を見れずそれは叶いませんでした。

電車に乗って待ち合わせ場所に向かいました。
そこに行くまでの間、あらぬ期待まで抱いていました。
なぜならその頃、俺には彼女もいなく、一人寂しい毎日を送っていたからです。

そして・・待ち合わせ場所に到着。
一目でわかりました!
そこには紛れもなくあの女性が立っていたのです。
すぐに声を掛けました。

俺:「○○さん?」

女性:「あ!Aさん?!キャーーーほんとに会えたね!」

俺:「びっくりしたよ。あのとき見たまんまだったから・・」

女性:「そうなの?あ、でもわたしも同じだよ。夢で見たまんま!」

俺:「え、そうなんだ?自分で出てくる自分自身を見たことないから、もしかしたら違う風に映ってるのかと思ってたよ」

女性:「うん。そうだよね。まさかそのままだなんて・・」

その後、とりあえず立ち話もなんなので、とりあえずどこか店に入ることにしました。

お互い夕食もまだだったので、どこかで食事をしようということになり、○○さんはその場所に詳しかったので知っている店があるということで、そこに案内されました。

店に入るとすぐに適当にオーダーし、もちろんその夢の話で持ちきりでした。
そして・・話が進んでいるうちに少しがっかりしました。

○○さんは既婚者ですでに子供が二人いるということが分かったからです。
年齢的にもかなり若そうだし、とてもそんな風に見えないのに、かなり早婚だったらしく、子供がすでに3歳と1歳になってるとのことでした。

こんな奇跡的な出会いなのに、こんな形で会うことになったのはなんだか複雑で、そして残念で溜まりませんでした。

一体世の中にこんな形で出会う人間が何人いるんでしょう?
運命というものを呪いました。

そして話しているうちに既視感を感じ、帰ったあとに昔書いた夢日記を見返してみると、その店の雰囲気から何を注文したかも明確に記録してあり、そして知らない女性と話していると記されてました。

その女性の人とは今も「友達」です・・・。
たまに電話したり、何回か会ったりしています。
そして、この話はこれで終わりです。

余談ですが、あれから2回だけ夢の中で会うことに成功しました。
お互い意識しているほうが成功率が高いようです。