わたしが子どもの頃のお話をします。

五月に入ったばかりの日暮れ時のことでした。
村の田んぼ中の一本道を「おほほほほォ~」と絶叫をあげて走ってくる者がいます。
下の瀬の茂平というヤツです。

肩に鍬をしょったままもの凄い勢いです。
よく聞くと茂平はこんなことをがなり立てています。

茂平:「隣の仁吉さあの倅はじつはオラの子じゃああァ。あんまり仁吉の嫁がかわゆいてオラ夜這いをかけたんじゃあああ~~~」

それをたまたま丘の畑で見ていた上郷のヲスエ婆さんが、上からコロリコロリと前転をして下りてくると、「嫁を殺したのはオラじゃあ~立ち居振るまいの一つ一つが憎くての~毎日少しずつ飯に農薬を入れとったのよォ~」と、絶叫しながら茂平の後について走ります。

そうして田んぼの堰で泥遊びをしていた八歳の竹公の脇を走り抜けていきます。

すると竹公は手網を放りだし、「ごめんよお~寝小便して弟と布団を取り替えたのはオラじゃ~
ゆるしてけろォ~」と、言って後に続いて走ります。

一人また一人とその走る列に村人が加わります。
そして口々に自分の秘めた悪事をがなり立てます。

一本松を過ぎる頃には総勢三◯人ほどにもなっていました。
中には村の駐在や村長の姿も見えます。

「殺したのはオラじゃ~」

「憎くての~どうしようもなかったんじゃ~」

「みんなに瘡かきをうつしたのはオラじゃ~」

「吾作の田んぼに糞尿を入れたのはオラじゃ~」

全員のがなり声がまぜこぜになり、皆が皆大きな口を開けて天を向き、村の一本道をよだれを流し息せききって走ります。

もう走る人は五◯人を越え、村の一本道は行き止まりの旦那寺珍宝寺へと近づいています。
珍宝寺の前では、和尚のどんたく上人が一張羅の袈裟を着て待っていました。
そうして土煙をたてて走ってくる五◯数人の前に立つと、錫杖を振り上げ、「喝!!」という大音声とともに地面に突き立てました。

するとそれまで疾駆していた人たちは皆憑きものが落ちたように、その場に立ち止まりました。
中には疲労のあまりくたくたと崩れ落ちる人もいます。

和尚は皆を見渡すと一言。

和尚:「狸じゃよ、また化かされおってからに。」

そうつぶやいて寺に戻って行きます。

その場の人たちは皆照れくさそうに笑い、ゆっくりと歩いて自分の家へと帰っていきました。
そうして次の日からは村は何事もなかったように日常へと戻ったのです。

これはわたしが子どもの頃にあった本当の話です。