街を歩いていた若い母親とその幼い子供が通り魔に刃物で刺殺されるという事件が起きた。
犯人は捕まったが、警察の取り調べではしばらく前から頭の中で「殺せ・・・殺せ・・・」という声が聞こえてきて、気が付くと刃物を持って外を彷徨っていたと供述した。

その母子に出会う前まで多数の人間とすれ違っていたが、通り魔とはいいながら母子を狙いすましたように刺殺した。

もちろん犯人と被害者母子には全く面識もなかったわけだが、母子の前を通りかかると頭の中の声が「そいつらだ!殺せ!殺せ!」と命令してきたという。

警察が不審に思って家族関係や周辺関係を調べてみると恐ろしい事実が判明した・・・。

過去に犯人の祖父が被害者母子の祖父に刃物で殺害されたという事実があったという。
偶然か因果応報かそれは分らないが、そういう恐ろしい話が実際にあったという。