2013年の24時間テレビではメインパーソナリティーのギャラが5000万円とも言われ話題になっている。
もちろんチャリティ番組と銘打っている以上、テレビ局は否定をしているが、過去に数々の逸話や証言が残っている。

いくつかご紹介しよう・・・。

萩本欽一氏のエピソード。
第1回の24時間テレビでメインパーソナリティーを務めた欽ちゃんこと萩本欽一氏。
テレビ局の命運をかけた特大企画だったのでメインパーソナリティーは、当時視聴率100%男といわれた欽ちゃん以外いないだろうと、テレビ局もそれなりのギャラを用意して交渉に当たった。

しかし、欽ちゃんは首を縦には振らない・・・。

何回か交渉に臨んだが、それでも了承はもらえず、ついには番組制作費の半分にも相当するギャラを用意して最後の交渉に当たった。

スタッフ:「もうこれ以上は出せません。」

欽ちゃん:「もうこれが精一杯なのね?だったらOKやりましょう。」とやっと了承をもらった。

しかし、欽ちゃんはその直後、衝撃的な言葉を言い放つ。

欽ちゃん:「じゃあこのギャラ全部寄付して」

西田ひかるさんのエピソード。
91年のパーソナリティーを務めた西田ひかるさんは制作発表の席で「チャリティ番組と聞いていたが、出演料が出てびっくりした」といい、慌てたスタッフに制止されるという出来事があった。

帰国子女であった彼女はチャリティ番組といえばノーギャラが基本だと思っていたので、ギャラが出ることに疑問を持っていたという。

明石家さんま氏のエピソード。
明石家さんま氏は過去に24時間テレビに出たことがない。
その理由は前述の萩本氏と同様にギャラを全額寄付したいといったところ、プロデューサーに難色を示されたためと言われる。
ビートたけし氏も同様の理由で出演を拒否しているらしい。

それでもテレビ局がこの事実を隠し通そうという理由。
それは毎年集まる全国からの寄付金以上に制作費が掛かってということ・・・。
さらにはCMなどの収入も寄付金以上に入ることを隠すためと言われている。

信じるか信じないかはあなた次第!