もう8年前になるかな・・・。

当時高校生で、夏休みの時期でした。
6年ぶりに、遠くに住んでる祖父母に会う、と父が言いました。
夏休みももうそろそろ終わりで、遊ぶ金も使い果たしたので暇つぶしにいいかなと。

祖母さん祖父さんもかなり年食ってて、会うのもこれが最後かな・・とか孝行のつもりでも行きました。

祖父母は、某県の佐○島という田舎中の田舎に住んでました。
ビル等全く無く、文明に孤立したような雰囲気でした。
ところどころに、祠(ほこら)のようなものがありましたが、不思議に感じたのが、それに祀っている物です。
普通は、お稲荷さんとか・・狛犬(?)とかじゃないですか。
でも、島中の祠(ほこら)で祀ってるのは”目が一つの子供”。
よく、一つ目小僧とか、単眼入道とか、サイクロプスとか出てきますよね?
そんな感じなんですよ。
まぁこの島の伝統上の神様なんだろうな、とあまり気にはしませんでした。

港から車で一時間、祖父母の家に到着。
ボロくせぇんだろうな・・・と思ってたが、自分の家とあまり変わらず、中も案外綺麗でした。

祖父さんは「おっきくなっとんの!」と大袈裟に歓迎してくれました。
ふと、居間にいくと、デジャヴが!!!

掛け軸のようなものが飾っており、そこにはここにくる途中に見た、一つ目の子供の絵が描かれてました。

俺は祖父に”これ”についてたずねてみると、「これはぁな、不吉の象徴なんじゃ」と。

「不吉?なんでそんなもんまつっとんの?」と俺は再度尋ねてみると、「辰眼童(シマナオ)さまといっての。わしら愚かな島民が産み出したのじゃ・・・」と、祖父さんは少し暗い顔になった。

俺はなんだか気持ち悪くなって尋ねるのをやめた・・・。

家にいてもやることもないので、外に出てみた。
家のすぐ裏には丘があり、何気なく登ってみる。
丘の頂からみた景色は結構良く、ずっとここにいても飽きが来なかった。
眠たくなったので、横になり、すぐに眠ってしまった。

そして眼が覚める。
もう日が暮れていた。
彼奴等も心配してるだろうと思い、体を起こし、家に帰ることにした。

「キェィィィィ!!!!!!!!!!」

突然、俺の右側から、猿のような、女のような、子供のような、変な呻き声が聞こえてきた。
俺はビクッ!としたが、地元の子供が騒いでるのだろうときにはしなかった。

丘を降りようとしたとき、後ろから声がした。
子供の声だった。
なんて言ったかはわからんかった。

後ろを振り返ると、2~3歳くらいの子供が立ってた。
暗くてよく顔はわからなかったけど、褐色の半纏のようなものを羽織ってた。

「ハッゼテ!ハッゼテ!」

そいつは意味がわからない言葉を発してた・・・。
声にも違和感があり、鼻声(?)みたいな感じで掠れてた。

その子供は俺に手を差し出した。
何かをくれるような仕草だったので、俺も何も考えず手をだした。
子供は俺の手に”何か”を落とし、スー・・と消えてった。

俺はポカーン(゜Д゜)としてたが、ふと我に返り、家に帰った。

玄関は明るかったので、さっき子供が俺に手渡した物を確認した。
それは・・・・首飾りだった。

薄汚れた紐に、リング状のすべすべしたものがぶら下ってた。
汚かったのでとりあえずゴミ箱に捨てた・・・。

祖父さんや父さんに先のことを言おうとしたが、なんか怒られる気がしてやめといた。

そして夜も更け、寝床につく。
昼に寝てしまったせいか、寝れない。
自分はそんなの関係なしにぐっすり眠ってしまう体質なんだが、眠れなかった。

「ナシテ・・」

寝室の窓のほうから声が聞こえた。
あのときの、子供の声だ。
俺はハッ!となった。

「ナシテ・・・ナシテ・・ステオッタ」

確かにあの掠れた”鼻声”だった。
俺は怖くなって、ふとんをかぶった。

すると、子供の声がだんだんと近づいてくるのに気づいた。

あ・・・やばい!!!!!

そう思った瞬間、俺の足を誰かが踏んだ。
俺は「わぁぁっ!!!!!!」と叫び起き上がった。

月の光でそいつの顔が照らされてた。
またしてもデジャヴ。
それは、祠(ほこら)に飾られてた、「辰眼童」の顔だった。

兎口に、鼻がなく、大きな一つの眼が顔にあった。
髪の毛は頭のてっぺんにちょんと乗った感じ。
俺はもうここで死んじゃうんじゃないかというくらいな動揺具合だった。
そいつは、俺の手をギッとつかむと、またもすっと消えてしまった。

そしてすぐに隣で寝てた親と祖父母が駆けつけてきた。

親:「どしおった?」

祖父さんが聞いてきたので、俺は一言だけこういった。

俺:「今、辰眼童に会ったよ」

祖父さんと祖母さんはそれを聞くとかなり驚いてた。

祖父:「まっことか!?辰眼童様に会ったのけ!?祟られたのか!?」

祖父さんがすごい形相で俺に尋ねてる横で両親は困った、というかあきれた顔をしてた。

俺も何も言えなくなった・・・。
そして、すぐにゴミ箱に捨てた首飾りを探した。
でも、何故か無かった・・・。

朝になっても俺は鬱状態だった。
縁側の近くで崩れた状態で座ってるおれの前に、祖父さんが寄ってきて語り始めた。

祖父:「70年くらい昔にな、とある兄妹がおった。」

なんの話だ?と思ったが、俺はとりあえず耳を傾けた。

祖父:「その兄妹の仲はとてもよかったがな。愛は歪んでおった。ある日、妹の腹に、兄との子ができたことがわかったのじゃ。島の宗教上、血の繋がった者が交わるのは過剰に禁じられていた。禁を犯した者は処刑されるという厳しい掟があったのじゃ。」

祖父:「そして、その兄妹も処刑されることが決まったんじゃ。しかし兄妹はそれを拒み、かけおちをしてしまった。島民どもは島から兄妹を出さずにと、船を出すのを禁じ、血眼になって兄妹を探した。そして、山奥の古小屋でその兄妹を見つけたんじゃ。」

祖父:「妹は、赤子を抱いておった。産んでしまったのじゃ。それを見つけた島の男がその赤子を妹から横取り、殺そうとした。しかし、その男は悲鳴をあげその赤子を放り投げてしまったんじゃ。」

祖父:「その赤子は、目が一つしか無かった。兎角、兄妹と赤子を島の奉行所に連れて行ったのじゃ。兄妹はすぐに首をはねられたが、一つ目の赤子を殺すと祟られるのではないかと皆は思い、処刑を延ばした。」

祖父:「しかし、生かしておけば尚更禍がおきるであろうと、その赤子をも殺したのじゃ。その赤子には、魂をも滅しようと岩石で頭を潰し、体を切り刻み、海に捨てるという、酷な処刑法を施した。赤子を処刑し、数日が経ったであろうか、兄妹を処刑した3人の奉行人が死んだんじゃ。そして、赤子を処刑した奉行人、兄妹捜索に協力した30人の島民が相次いで死んだ。」

祖父:「島民等は、一つ目の赤子がこやつ等を葬ったのと考えたのじゃ。そして、それから年に一人、幾処の産まれて間もない赤子が死んだ。島民等は一つ目の赤子の呪いじゃと思い、島中に赤子を祀る祠(ほこら)が作られたんじゃ・・。」

祖父:「今でもその赤子は時たま島民の前に現れ、母がくれたのじゃろう、首飾りを渡しているそうじゃ。なぜ首飾りを渡すのはわからん・・。」

祖父さんはそれを言い終わると立ち上がり、自分の部屋へと戻っていった。
俺はそれを聞くと、とても悲しい気分になった。

それから8年、まだ祖父母は健在だ。
1年にいっぺん祖父母のとこに行っている。