僕は登山が好きだ。
連休が取れれば必ず登山に行くほど。

僕には好きな山がある。
標高はそれほど高くないけど、険しい道のりで毎年遭難者が出ている山だった。
道の整備が進んでいないから、登山家の中でも敬遠されがちな山だった。
僕は人が少ないその山を大いに気に入っていた。
まるで僕だけの山のようだった。

ある休日のこと。
僕はその山に登山に出かけた。
鳥のさえずりと川の流れる音がすがすがしい。

しばらく歩いていると吊り橋がある。
頂上に行くにはそこを通らなければならない。
つり橋に差し掛かったとき一人の男がいた。
しかし、その男の様子が変だ。

男は手すりの外に立って、下をただ見つめている。
僕はとっさに言った。

僕:「危ないですよ!!」

男は気づいてこちらを向いた。
僕は悟った。
男は飛び降り自殺をしようとしているのだ。
僕はさらに言った。

僕:「あなたが死んだら、奥さんや娘さんはどうやって生活するんですか。自殺なんてやめてください」

そんなことを言ったと思う・・・。
俺は男の家族なんて分からない。
どこかの刑事ドラマで見たようなセリフを吐いただけだ。
男は僕のほうを見て、「勇気が出ました」そう言ったと思う。

僕は自殺をやめたと思った。
その瞬間、男はぱっと手を離した。
男は飛び降りた!

僕はすぐさま119を呼んだ!

山奥だったし、数十メートルもある谷底だ。
男は助からなかった・・・。

後で分かったことだが、男は保険金をかけて、事故に見せ掛け自殺したのだった。
俺は救急隊員に事のいきさつを説明した。
当然保険金は下りなかった。
後味が悪かった。
俺はそれ以来、遭難者を見ても見ないふりをしている。