高校生のころにある友人から聞いた話。

その友人(以下A)は運動部に所属していて、福島県内のある青年の家で合宿をした。
夜は他の友人達と、施設内にある自販機のある場所でたむろしていたらしい。
するとある友人が何かに気付いたらしい。

友人:「あれ、だれだ?」

窓から外を覗くと、建物の向こう側の棟の窓辺(かなり上の階)にも人がいたらしく、他の生徒かもしれないと思ったが、A達の運動部はそっちを使用しておらず、また他校が使っているという話は聞いていなかった。

皆で見てると、向こう側の窓辺にいるその人は、手を振ってきた。
A達はノリで手を振り返すと、その人はにっこり笑った。

すると突然だった!
窓から身を投げた・・・。

自殺者だったらしい・・・。
偶然ではあるが最後にコミュニケーションをとったのが自分達だった、という点で、今でも自殺者の笑顔が忘れられないらしい。