もう10年くらい前の話。

知り合いのツテで画像編集のバイトを紹介してもらった。
フォトショップを使った事があれば難しくない内容で、給料がやたら良かったので即決した。

バイト初日、PCを一台あてがわれ、担当者から説明を受けた。
予め聞いていた通り、切り抜きや色の調整がメインで作業的には楽。
これは楽ないバイトだと喜んでいた。

担当者は「じゃあ、分からない事あったら聞きにきて」と自分のデスクに座ってから、「あ、そういえば写ってたら消しといてね」と、両手首から先だけを垂らしてヒラヒラ動かした。

ん?
今の・・・うらめしやポーズだよな・・・。

そう考えてたら「大丈夫大丈夫、分かるから」とだけ言われた。

まあ口答えしても仕方ないと思い、取りあえず作業を開始したが本当にすぐ分かった。

目が合うのだ。
画像の中の暗がりに目だけが写っていた・・・。

たとえば電源の切れたPCのディスプレイ、たとえば顎が首に作る影の中、たとえばドレッサーの足下・・・そういったちょっとした黒い部分から、目だけがこちらを覗いていた。

特別探そうとしなくても見られている感じがするし、やたら目が合うのですぐに見つかる。
体感だが5~6枚に1枚くらいの割合でそういった写真が混ざっていた。

「消しといてね」と言われても・・・と最初は思ったが、周囲の色をピックアップして乗せれば簡単に消せた。

しばらく作業するうちに写真からの視線にも慣れ、機械的に心霊写真を普通の写真に加工していると・・・何と言ったらよいか”デジタル化していく社会の中で心霊写真という文化の終わり”を感じた。

後日、担当者と飲みに行った時に聞いたのだが、どうやら会社の場所が悪いらしいく、塩を盛っておくと3日位で真っ黒になるらしい。