親友が祖母から聞いたという話。

友の祖母は若い頃、長野の方の田舎で病気がちな母親と住んでいたんだけど、その家の庭には大きくて立派な柿の木があったらしい。
で、ある秋の夕暮れに、縁側でお茶を飲んでぼーっとしていた時、ふと柿の木に目が行った。
別になんてことも無く熟れ始めた柿の実が幾つかなっているだけだったのだが、妙な事にその枝を見ていたら急になんだかその木で”首を吊って死んでみたくなった”のだと言う。

悲しい事も嫌な事も全く無いのに、ふとラーメンが無性に食べたくなる様に、自殺したくなったんだと。

そう思ったらいてもたっても居られなくなって、すぐに物置から縄を持ってきて結び、枝に括りつけた。

肺炎患ったの母が居るというのに、その事すら忘れて一心不乱に自殺しようとしていたらしいが、だが、そしていよいよやろうと言う時にふと柿の実が目に入った。

”これを取ってからの方が邪魔じゃなくて良いな”

そう思って再び物置へ高枝バサミを取りに行き、5分位探してようやく見つけた。
庭に戻って来て、「さあ死ぬぞ!」と思い柿の木を見た。

自分の母が首を吊っていた・・・。

訳が分からず一瞬呆然としてからハッと正気に戻り、「何やってるの!」と持ってた高枝バサミで慌てて縄を切った。

太い縄なので切るのに時間が掛かったが、母親は微かに息があった。
その後医者に連れて行って見てもらい大事に至らずにすんだと言う。

後で何であんな事をしたか問い詰めると、水が飲みたくて縁側のそばを通った時、あの柿を見て無性に死にたくなったのだと言ったらしい。

結局、その後母親は肺炎の病気で死に、友の祖母も一昨年肺ガンで亡くなったのだが、あの体験は忘れられないと生前親友に良く語っていたそうな。

因みにその柿の木は友祖母が上京してから何年かして枯れてしまったらしい。