心霊系の話ではないのですが、怖かったので書き込みます。

僕は京都の○○大学・文学部・仏教学科の学生です。
この話は僕が所属するゼミの教授から聞いた話です。
もう一昔前ですが、当時助教授だった教授のもとに一本の電話が掛かってきました。
それは関東に住む弁護士さんからでした。

弁護士:「ぜひ仏教の知識に秀でる○○助教授に教えていただきたいことがあります」

話をよく訊くと、最近、中年女性が弁護士さんに相談に来たらしく、「息子を助けて欲しいと・・・」と・・・。
自分の息子がある新興宗教に入信してしまい、帰ってこないどころか、連絡も一切とれずに困っているとの事でした。

それどころか息子は家のお金を数百万も盗み、その宗教団体に寄付しているらしく、母親の女性は涙ながらに語っていました。

母親:「出家とはそういうものなのですか?いくらなんでもおかしいんじゃないですか?」

○○弁護士は悩みました。
いくら弁護士でも宗教については分からなかったからです。
そこで、世界の宗教について研究して本も出版していた当時の○○助教授に連絡が至ったわけです。

弁護士:「○○教授にお尋ねしたい。宗教において出家とは二度と親には会ってはいけないなど、また多量のお金を寄付しなければいけないとか決まりがあるのでしょうか?」

○○助教授:「いえそんな事はありません。日本宗教においては、出家しても会いたくなれば親に会ってもいいですし、そんな決まりは昔から存在しません。まして元の自分の家から多額の金を寄付するなどありえません。あきらかにおかしいことです。」

○○弁護士:「やはりそうですが。実はですね。こういった相談が最近私のもとにたくさんくるんです。このお母さんだけではないのですよ。しかも全部の相談がある一つの宗教団体なんです。」

○○助教授:「何ていう宗教団体ですか?」

弁護士:「はい、何やらオウム真理教という新興宗教の団体なのですが・・・」

○○助教授:「オウム?聞いたことないですね。」

弁護士:「いやあ何やらこの団体の噂が多々ありましてね、施設の近所に住む方々からも苦情があるんです。真夜中に凄い叫び声や奇声がするやらなんやらで・・・。」

弁護士:「とにかくもう少しこの団体について調べてみます。○○教授ありがとうございました。また何か分かれば連絡いたします。」

そう言って○○弁護士と電話で話したのが、最初で最後になったそうです。

そう・・・この弁護士は坂本弁護士からの電話だったらしのです。

○○教授は今でもあの電話を忘れることができないそうです。