魚の卸売会社に勤める弟から聞いた話。

弟は朝早くスーパーに魚を配送する仕事をしている。
いつも朝3時~4時頃に納品をしているのだが、その日たまたま昼にもう一度納品があった。
昼前に行くのは初めてで事務の女性に伝票を渡し待つ間、警備員さんと世間話をしていた。
すると警備員さんは最近起こっている不思議な出来事について話してくれた。

警備員:「最近、夜の警備をしていると監視カメラに霊が写るんだよ」

弟:「それヤバいっすね!モニター映るとかどんだけ強い霊なんですか!」

警備員:「搬入口の前を通るんだよ。あと、最近わかったことがあってね。特定の人間を追っかけてるんだよね」

弟:「えー!誰をですか?」

警備員:「3時位に来る業者さんらしいんだが・・・」

弟はそれ以来後ろを振り向くことができないそうだ。