これは今でも起こり続けている話です。

自分は3年前に、アパートに電話回線を引くことにしました。
電話回線ってどうやって引くのか?と同僚に聞いたところ、家電量販店で安く契約できると聞き、近場の量販店で契約をしました。
その後、一週間ほどで量販店から電話番号を教えてもらい、使用可能に。

使えるようになったはいいのだけど、なんだか間違い電話がやたらと掛かってきます・・・。
後で知ったのですが、電話番号ってのは使いまわしになっている物らしく、自分は電話帳にも載せていなかったので、前の使用者とどうやら間違えて掛けてきてるようでした。

間違えて掛けてきた人が呼び出す名前はいつも一緒。
仮にAさんとします。

このAさん宛ての電話が、毎日のように掛かってきます
相手するのも面倒になってきたので、常時留守録状態にしてほったらかしてました。

そんな日が2~3ヶ月ほど続き、会社から帰って、いつものようにメッセの確認をしていたところ、『こちら○○ファイナンスですが。Aさんお早めにご連絡をお願いします』と。

おやおや、Aさんはお金でも借りてたのかね~?とか気にもしませんでしたが、翌日も、『○○ファイナンスです。昨日ご連絡をいただけませんでしたので、急ぎ連絡を願います』と。

その翌日でした。
野太い男の声が録音されています。

電話:『おい!A!!連絡よこせ!いい加減にしろよ、明日までに連絡をよこさなければ・・・』

ここで切れました。

それから数日して、仕事から帰ると留守録が入っています。
友人かと思い再生すると、聞こえてきたのは、『・・ブクブク・・プク・・オカケニナッタ・・・ブクブク・・・プク・・・ダシテ・・・ツカワ・・・』

ん?何か泡のような音。
音量が大きくなったり小さくなったり。

えらく遠いところで、何かメッセージが流れている気がするけど?
”お掛けになった電話は現在使われておりません?”かな、とか思いましたが、自分に掛かってきた電話に、そんなのが録音されているはずは無い。

ま、何かの間違い電話でしょっと、気にせずに放置。

しかし、翌日も同じ留守録。
その翌日もまた同じ・・・そのまた翌日も・・・。

なんどか聞いているうちに、どうにも水の中でしゃべっているような、そんな声に聞こえてきてしまいました。

電話:『ブクブク・・オカゲデナッタ・・ブクブク・・・ココ・・ダシテ・・モウツカワ・・・』

なんだか気味が悪い・・・。

翌日もまた留守録が入っています。
2件でした。

電話:『Aさん、連絡がなくなって二週間です。会社の人も心配しています。早く連絡を願います』

Aさんの友人のようです。

連絡が無い?
二週間前から?

二週間前と言うと・・・丁度あの野太い男の声の留守録があった翌日??

その後に、また例の留守録が入ってました。
なんだか気味が悪いを通り越して、嫌な想像をしてしまったが、気にしないようにと眠りました。

翌日は仕事は休み。
普段は出かけるのですが、気になるので電話に出てやろうと、今日は部屋にいる事にしました。
いつも掛かってくる時間は15時過ぎ。

そして15時過ぎ、呼び出し音がします。
当然電話を取りました。

自分:「もしもし、どちら様でしょうか?」

電話:『ブク・・オマエオカゲブクブク・・・ココ・・ダシテ・・・モウツカワナイ・・・』

自分:「誰なんです!毎日毎日!!いたずらはやめてください!」

ツーツーツー・・・。

今、”オマエノオカゲ”って言われた気がする・・・。

また呼び出し音が鳴りました。
気持ち悪くて取ることが出来ずにいると、留守電に変わりました。

『Aさん、昨日も連絡をいただけませんでした。会社では、失踪として警察に届けることになりました』

慌てて電話を取りました。

自分:「もしもし。うちはAさんの家ではありませんよ」

電話:『あ、間違えました。すいません、番号は*******ですか?』

自分:「そうですよ、良くAさん宛ての電話が掛かってきて困ってるんです」

電話:『失礼しました。会社に登録されている番号が同じですので、皆にも連絡しておきます。では』

間違い電話の正体はつかめたようです。
でも、例の水の中からの声のような電話は?

この後から、しばらく例のメッセは録音されていませんでしたが、それでも数ヶ月に一回程度の割合で、例のメッセが録音されています。
あいにくと、こちらの正体はつかめていませんが、借金(これも想像)・・・男の声・・・失踪・・・日付の一致・・・水の中のような声・・・。

嫌な想像をせずにはいられません・・・。