幼稚園の頃、鬼を見た。

その日は山に囲まれてる田舎のおじいさんの家に泊まっていた。
わりと近所なので普段から何回か泊まったことはあったから、普通にご飯とか食って2階で寝てたんだけど・・・深夜2時~3時くらいに眩しくて目が覚めた。

ふとベランダを見ると
鬼が3人座って何か話をしていた・・・。
絶対に人間ではなかったし、やっぱりあれは鬼だと思う。

ベランダの入り口には横にスライドするガラスの窓があって、その一枚手前には障子のふすまがある。

そこにやけに明るい月に照らされていかにも「鬼」というような出で立ちの3人がシルエットになって映っていた。

怖かったが、とりあえず隣で寝ていたおばあさんを起こして「ベランダに鬼がいる!」と小声でいうと、おばあさんが眠そうに起き上がってまず電気を点けた。

すると当然障子にあったシルエットは消えて、おばあさんが障子を開けてもそこには何もいなかった。

その日見間違いって事になって次の日、家に帰った。

元々、おじいさんちは古~い木造家屋だった事からイトコとの間でも「幽霊が出る」って噂があったけど、実際に本物を見たのは僕が初めてだった

だが話はそれだけでは終わらず、ちょうど一週間後の土曜日に夜中家で寝ていたら母親に叩き起こされた。

母親:「今おじいさんの家でおじいさんが暴れて警察とか救急車が来てて・・・今、お父さんが様子を見に行ってるけど一緒にいた親戚がおじいさんに包丁で刺されたらしい・・・。とりあえずおばあさんが危ないからウチに避難させるからね」

・・・という事で、僕はビビって震えながら家で待機していた。

しばらくするとおばあさんとお父さんが帰ってきて、おばあさんは「おじいさんが鬼に取り憑かれた!いっつも山でカラスとか鹿を猟銃で撃ってるから祟られんだ!」と話していた。

いきさつを聞くと、親戚で集まって酒を飲んでいたら急におじいさんが立ち上がって奇声をあげながら台所に行き、包丁を振り回したらしい。

元々おじいさんは温厚で人を刺すようなタイプじゃない。

お父さんも「あんな顔のじいさんは見たことがない。本当に鬼が乗り移ってるような顔だった」と言っていた

ちなみにこの事件は全国ニュースにもなり・・・結局おじいさんは捕まって留置場?に入った・・・。

でも元々山とか田んぼとかの地主だったことから、お金はいっぱいあって大金で示談してすぐ帰ってきた。

おじいさんは事件の事は全く覚えてなくて、朝起きたら見知らぬ場所で警察に囲まれていたらしい・・・。

すぐに身内全員が集合してみんなの前でおじいさんが土下座。
刺された親戚ともすぐに和解しました。

その事件から十年以上経って、おじいさんも病死し、何事も無く過ごしていたんですが、去年の2月、イトコの女の子(4才と6才の姉妹)があの実家で泊まっていたら、やっぱり「鬼」を見たという。

事件はその子達は生まれる前のだし、鬼が出るという話も全く知らない。
おばあさんは心底怖がって、ウチに週1くらいで泊まりに来たりしてた。

そしたらちょうど泊まりに来てた3月11日、東日本大震災が起こり・・・おばあさんの家は1階が潰れて2階が綺麗にそのまま下に落ちた格好で倒壊していた。

最後はおじいさんがおばあさんを守ったんだ思います。
いま実家の土地は他人に売っておばあさんと暮らしています。

長文失礼しました。