世界的にも有名な場所で、死体を発見したことがある。
今から十数年前の話だ。

冬、俺達十数人は試験明けで飲みまくっていた。

「少し酔いを醒ました方が良くない」って誰かが言い出し、飲んでいた場所からそう遠くないその場所にやって来た。

しかし、酔っ払いの集団だ、「鬼ごっこでもやろうぜ」と、仲間内の誰かが言い出した。
周りも、「面白いしやろうぜ」ってことになったんだ。

たまたま鬼になった奴が真面目な奴だったから、皆で生け垣と柵を乗り越えて、有名な場所の中に入って隠れることにしたんだ。

しかし、そこで男の死体を発見してしまった・・・。

男の体の部分は地面の下だったが、首から上が地表に出ていたんだ。
なんで深夜なのに判るのかというと、とっても有名な場所で、街頭が周りにも沢山あったから。
死体の顔にはカビも生えていた。

俺達は、まずい場所でまずいモノを発見したと直感した。
とりあえず、一緒ににいた女の子数名をタクシーに乗せ、自宅に帰した。
その場所から数ブロック離れた場所にあるタクシー乗り場まで送って行って「見たものはしゃべるな!」と言い聞かせておいた。

何故そうしたのかいうと、俺も一目置いていた野郎とひとりの女の顔付きが変わって、こう言い出したからだった。

「場所が悪すぎる・・・」

二人の意見が一致していた。

頭の悪い俺は、何故すぐに警察に連絡しないのか苛立ったけど、野郎の方は、「こんな場所に入ってしまって、俺達はコテンパンに警察から絞られるだろうが・・・。女の子達は、調書とかで死体が出てきた案件で、名前が裁判とかでも出てくる可能性があるじゃん」って言い出した。

確かに・・・そうだ・・・。

女の方は、「報道すらされないかもよ。某団体からの圧力があるだろうし、行政も死体一個じゃもみ消すかも。ここはそうゆう場所なんだからさ。今、国際的にもちょっと注目されているし、イメージって重要じゃん」って軽くのたまわっていました。

しかし、発見された死体が目の前にありますし、俺達の足跡は残ってますから、俺達が犯人扱いされても困りますし、警察にも通報しましたよ。

この件がマスメディアに載ることは一切ありませんでした。
ですので、事件として警察が扱ったのかも未だに判りません。