大学時代の友人の話。

彼は大学に合格したあと、上京して一人暮らしをするために、近くに良い物件はないかと探していました。

ところが、条件がよい物件はどこも契約済みで大学よりかなり離れたところに、ようやく一件見つけることができました。
そこはとても古い木造アパートで、台所やトイレなどすべて共同なのですが、家賃がとても安いので、彼は契約することにしました。

引っ越しを済ませ住み始めてみると、とても静かでなかなか居心地のよい部屋だったそうです。

しばらくしたある晩、彼の部屋に彼女が遊びに来ました。

2人でお酒を飲んでいると、彼女が急に「帰る」と言い出しました。

部屋を出ると、彼女は「この部屋、何か嫌な感じがする」と彼に告げました。
お酒を飲んでいる間、部屋の中に嫌な気配が漂っているのをずっと感じていて、一向に酔うことができなかったというのです。

彼女:「気を付けたほうがいいよ」

心配そうな彼女の言葉に、彼は軽く答えるだけでした。

元々、霊感の全くない彼は、その手の話を全く信用しなかたのです。

彼氏:「そっちこそ気を付けて帰れよ!」

彼女を見送って、また一人で飲み始めたそうです。

しかし、この時彼女が言ったことは間違いではありませんでした。

ある日から、特にバイトがきついというわけでもないのに、部屋に帰ると物凄く気だるい感覚に襲われるようになったのです。

また、夜中寝ている間に、誰かに首を絞められているような感覚に襲われ、突然飛び起きこともあったというのです。

そのせいで、彼は寝不足で食欲も落ち、げっそりと痩せてしまいました。
医者に診てもらったりもしましたが、原因は分からずに、ストレスや栄養不足といった理由を付けられるだけでした。

心配した彼女は「やっぱりあの部屋に原因があるんだよ!」と彼に引っ越しを勧めました。

彼は、引っ越すお金もないし、今更物件も見つからないと言って動こうとしませんでした。

そして、そのまま2週間ほど経ったある晩のことです。
夜遅く部屋に戻ると、いつにも増して疲れを感じた彼は、そのまますぐに眠ってしまいました。

真夜中、もの凄い圧迫感を感じて急に目を覚ましましたが、体は金縛りのため身動き一つとれません。

ふと頭上の押入れの襖(ふすま)に視線を送りました。

すると、閉まっている襖(ふすま)が、ズズズ・・・とゆっくり動き出し、数センチほど開いたかと思うと、次の瞬間、ぬーっと真っ白い手が彼の方へ伸びてきました。

彼は心の中で”助けて・・・”と叫ぶと、その手はスルスルと隙間へ戻っていきました。

しかし、ほっとしたのもつかの間、今度は襖(ふすま)の隙間から真っ白い女の人の顔が、彼をじっと見つめているというのです。

彼は身動きが取れず、一睡もできないまま朝を迎えましたが、日が昇ると体が動くようになり、女の姿もなくなっていました。

彼はその日、彼女をアパート近くのファミレスに呼び出し昨晩あったことを全て話しました。

そのとき、少し離れた席に一人のお坊さんが座っていて、ずっとこ彼の方を見ていることに気付いたそうです。

しばらくすると、そのお坊さんがいきなり近づいてきて、「あんた、そんなものどこで拾ってきた!」と一喝したそうです。

彼が驚きながらも尋ねると、彼の背中に強い念が憑いており、このままでは大変なことになると言ったそうです。

彼は、今までの出来事をすべて話しました。
するとお坊さんは、自分をすぐにその部屋に連れて行くようにと言ったそうです。

部屋に入ると、お坊さんはすぐに押入れの前に立ち止まり、しばらくの間、その前から動こうとしません。

そして突然、押入れの襖(ふすま)を外し、その一枚を裏返して2人の方へ向けました。

その瞬間、彼は腰を抜かしそうになったと言います。

なんと襖(ふすま)の裏全体に、色鮮やかな花魁(おいらん)の絵が描かれていたのです。

舞を舞っているその姿は、まるで生きているようで、心なしか彼の方をじっと見つめているように感じたそうです。

お坊さんによれば、「どんないきさつがあったかは私には分からないが、この絵にはとても強い怨念が込められていて、君の生気を吸って次第に実体化しつつあり、もう少しで本当に取り殺されるところだった・・・」と告げたそうです。

お坊さんは、襖(ふすま)の花魁の絵の周りに結界を張ると、「すぐ家主に了解を得て、明日自分の寺にこの襖(ふすま)絵を持ってきなさい」と言い残し、立ち去りました。

次の日、彼女とともにお寺に赴きました。

そして、その襖(ふすま)絵は護摩とともに焼かれ、供養されたということです。