俺、三人兄弟の真ん中なんだけど(兄・俺・妹)、下の妹が電波。
電波っつーか、まあ可愛い妹だし、あまり悪くは言いたくないんだが・・・やっぱり「電波」ってのが俺にとっては一番ぴったりくる言葉。

妹は手芸が得意で、小物から結構な洋服づくり、刺繍、編み物、割と何でもできる。
そんで、昔から継続して作ってるのが、布製の人形。(ぬいぐるみに近いかな?)
手芸が良くわかんない俺からすれば結構良くできてて、店で売ってても違和感ないレベル。
俺の彼女は材料費提供してつくってもらってたし。

そして兄貴のほうは結婚して娘もいる。
今は幼稚園に通っている。

俺も妹も姪にメロメロで、姪がぬいぐるみとか人形の類が好きだと知り、妹は張り切ってお得意の人形作りをしていた。
カバンにつけられるよう、ちょっと紐がつけてあったり工夫してある小さめの、不思議の国のアリスとか、そんな感じのフワフワのドレス?ワンピース?を着てる人形だった。
細かいことに着せ替えができるようになってて、今はもう着替えの服が20着以上あるんじゃなかろうか。

しかし、ある時・・・その人形が盗まれたらしい。

犯人は姪と同じ幼稚園に通ってる女の子の母親。
姪の家に娘と同伴で遊びに来たとき、一目ぼれして盗んでしまったらしい。(万引きで掴まった過去があるらしい)
なくなったときは盗まれたとは思わず、「紐が切れたのか」とか「落としたんだろう」とみんな思ってた。

姪は「(人形)ちゃんいないの」と号泣していて、母親(俺達の義姉)に怒られつつ慰められていた。

すまんまとめるの下手で長くなったが、ここからオカルト。

義姉に「ごめんね(妹)ちゃん、ほんとに・・・そのうち、また作ってもらえるかな」と言われたときの、妹の発言。

妹:「大丈夫ですよ、そのうちかえってきますから」

昔から妹のつくったものには、何かオカルトなことが起こりがちだった。

今回の件では、盗んだ母親の枕元に人形が立ったらしい。

人形は「帰りたいんです。私はあなたのものじゃないんです。私の家はあっちなんです。姪ちゃんが泣いてるんです。私も泣きたいです」的なことを延々繰り返してたらしく、また、人形の表情自体も恨みがましいものに段々変わっていったため、そいつはビビって返しにきたらしい。

事後に俺が見た人形の表情は別段なんてことなかったが。(ちゃんと返しに来たし、反省もしてるし、今回は大目に見て許すことにしたそうだ。もちろん、彼女が兄貴夫婦の信用をなくしたのは当然だが)

俺の心霊的な知識があまりない頭で考えると、妹の作ったものには人格があるっぽい。
九十九神・・・って言うのだろうか・・・ちょっと違う気もするんだけど。
良くあんじゃん、物を大切にしてて、それに助けてもらった、みたいな話。

人形に、仮に「恵子」って名前をつけると、その人形は「恵子」として人格を持ち、育つことになる。そんな感じ。
ただ、普通(?)はそれは徐々につくられていくものだけど、妹のつくったものには最初っからポーンと人格が入ってる。

妹は「かえってくるよ、そういう子だから。姪ちゃんのことを姉みたいに思ってるから」って言ってた。

今思えば、「返ってくる」じゃなくて「帰って来る」だったんだな・・・日本語って難しいな。

俺が「呪いの人形にならないんだろうな??」と言うと、妹は「そんな悪い子に作った覚えはありません」と。

そうですか・・・そういうものなんですか・・・。