とある中学校の体育祭でのこと。

十月のよく晴れた日に、毎年恒例の体育祭が行われた。
まず開会式が行われ、その後全員で体操をして体をほぐしてから競技が始まった。
しかし、そこで悲しい出来事が起こってしまう・・・。

普段から少し心臓の弱かったA君が、100m競争でゴールした直後に、心臓ほっさを起こして病院に運ばれたが、手当てのかいもなくそのまま病院で亡くなってしまった。

突然のアクシデントで体育祭は一時大騒ぎになったが、先生たちが生徒たちの騒ぎをおさえて、なんとか静まり、その後は無事に体育祭は終わった。
生徒たちが、A君が亡くなったのを知ったのは閉会式のあとだった。

そして1週間後、体育祭の写真ができたので、ある先生が自宅で写真のできあがりを確認していた。
この先生は趣味が写真で、あの体育祭のときも、カメラを持ったまま生徒たちの頑張る様子をたくさん撮っていたのだった。

先生は自分の撮った写真に満足しながら、体育祭のことを思い出していた。

先生:「そういえば、体育祭のときに亡くなってしまった子がいたな・・・。自分のクラスの子でもなかったけど、かわいそうな子だった。もし、Aの写真があれば、きっと生きているときの最後の写真だし、両親に渡してあげることにしよう。」

そう思い、先生は写真の山からA君が写っている写真を探し始めた。

しばらくすると、お目当てのA君が写っている写真が見つかった。

よかった!!

そう思った瞬間、「うわっ!これは・・・」と、声に出てしまい結局、A君の写真を両親に見せることはなかった。

いや、見せられなかったらしい・・・。

その写真には開会式の体操の様子が写っていた。

少し顔色が悪いながらも頑張って体操をするA君。
しかし、そのまわりで体操する生徒全員がA君の方を向いて手を合わせていたのだった。

勿論、そんな事実などなかったし、あり得ないこと。

写真は時によってあり得ない現象を創り出してしまう事があるらしい。