最近の車には、前に車が接近しすぎると自動的にブレーキをかけてくれるものがある。
CMでみたことがある人も多いだろう。

あのシステムは車両の上部についている2つカメラが前方の車を認識し自動でブレーキをかけるようになっている。
今販売されているものは車しか認識しない。
これは車しか認識できないのではなく、車のみに反応する様に設定しているだけなのだ。

それはなぜか?

実は初期の頃、人身事故防止のため人間も認識できる様に作っていた。
しかし、いざ公道での実験を行うと不具合が多発した。

前方に誰もいないのに車が勝手にストップしてしまうのだ。
しかも特定の場所、数カ所で・・・。

原因を特定しようとしたところ、車が勝手に止まってしまう場所にはある共通点があった。
それは交通事故多発地帯ということ。
カメラは目に見えない何かを人と認識し、自動で車を止めていたのだ。

いまだ解決手段は見つかっていない。

信じるか信じないかはあなた次第!