十代最後の思い出に心霊スポットとして有名なトンネルがある場所に向かった。

俺と友人三人は金も車も無かったのでバスを乗り継いで現地に向かい、夜に歩いて帰宅するという・・・今考えたらアホすぎる計画を立てて出発した。

当時は心霊スポット+深夜ウォーキングの旅で二重においしいなんて気持ちだったと思う。

下車後、バスのある町からひたすら歩いて山に向かうわけだが、車に弱い友人Aがバス酔いしてしまったため、予定以上に町に滞在してしまった。

夕日が急速に沈んでいくのを尻目に、急ぎ足で町から山に向かう道を駆けていた俺達の前に山での仕事帰り風のおっさんが現れた。
挨拶されたので返すとちょっと立ち話するハメになった。

おっさんは日が沈んでからの山は危ない!としきりに俺達を止めたが、サバイバルを求めるお年頃の俺達には馬の耳に念仏だった。

結局あまり深く山に入らないことを約束させられて別れたが、おっさんの「夜の山は人を飲み込む」という言葉と別れ際の「道に迷ったとしても絶対獣道には入っちゃならねぇ。戻るも進むもきれいな山道だけにせれ」という助言が少し気になったが、まぁ特別不思議な台詞ではないので受け流した。

そんなこんなで山道に入った時点ではもう真っ暗闇。
朧げな月の光と懐中電灯だけが頼りという状況。
さすがに夜の山はそれなりの雰囲気があり、気が狂いそうな静寂と時々何かが立てる物音で緊張感が高まっていく。

暗闇の中、目的地へと進むのは至極困難だ。
早くも道に迷いかけた俺達だったがそこはドントウォーリー。
こういうことを予測して詳細な地図を持参していたので地図担当のBに地図を出してもらった。

それから地図に沿ってなんとかトンネルまでたどり着き、トンネル内を散策。
特に怪奇現象などには見舞われなかったが、トンネルの壁をくりぬいて(彫って)作られた地蔵にはちょっとビビッた・・・。
壁そのものを彫って作られた地蔵なんか見たこと無かったし、何よりその地蔵の造詣も少しおかしかった。

地蔵の基本的造詣なんてものは知らないが、地蔵ってこう顔も姿も丸っこいじゃないかな?
そのトンネル地蔵は丸みがないわけではないんだけど、顔がやたら長く、体に対して顔部分がでかい。
その上、つり目気味で微笑している表情だからなんかキツネみたいに見えてなんだか変な感じがした。

ちょっと怖気づく面々だったが、貧弱体質なのにお調子者で気の強いAが言った。

A:「この地蔵、俺にそっくりじゃね?誰に断って立てたか知らんがモデル代くれ」

A:「もしかしたら俺の母ちゃんが内緒で俺の美形を売り物にしてるのかもしれん。でもどうせならこんな田舎じゃなくて都会で売れたかった」

ちょいナルが芸風のAのおかげでだいぶ緊張がほぐれた俺達は地蔵以外に目ぼしいものがないので、地蔵に食いしん坊のCが隠し持っていた”から揚げ”を強奪してお供えした。

トンネルを後にした俺達は、トンネル内で撮った写真に何か写っているかな?みたいな話題をしながら山を下り始めた。

来た道を戻るだけなのでサクサク進んでいったが、不思議なことにずっと同じ道を廻っているような感触。
最初は気にせず進んでいたが、どう考えても山を降りることができているくらいの時間が経過し、道に迷ったと悟った。
特に迷うような分岐はなかったはずだが、間違った可能性があるので再度トンネルを目指して戻ることに。

かなり長い間足を進めたがトンネルにすらたどり着けなかった。
いったい俺達はどこにいるんだーとパニくりはじめたとき、地図を眺めていたBが突然悲鳴を上げて転倒した。

B:「な、なんかが降って来た!!」

なんだなんだ?と辺りを見回すと一匹の猿が飛び回っているではないか。

野生の猿なんて見たことなかったし、そもそもこの山に猿がいるということも知らなかった俺達は驚愕したものの、ちょっとだけホッとした。

B:「なんだよ、猿かよ。驚かせやがって~・・・あ!!」

またもやなんだなんだ?と、俺達はどよめくといち早く気づいたAが叫んだ。

A:「Bのバカが猿に地図取られとる!!」

猿を照らすと確かに猿が地図を持って跳ね回っている。
AとBが地図を取り替えそうと飛び掛るも、猿は颯爽と林の中に消えてしまった。

困り果てた俺達だったが、あまりにも素早く猿が逃げ去ったので猿を追うこともままならず、とりあえず山道を下ることにした。

当然分岐がきても勘でしか選べない。

まぁなんとかなるか~と猿アクシデントで逆に吹っ切れた俺達は猿を罵倒したり、好敵手として讃えたりしながらぐんぐん進んでいった。
すると思いのほか早く分岐にたどり着いた。

右と左、どちらの道にするか?

道を照らし、風景を必死に思い出して空っぽの頭をひねっていると、「なんか左の道にある!」というAの指摘の元、左の道を調べると、なんとトンネルのキツネ地蔵があるではないか。

来た道にはそんなものなかったはずなのに・・・。

怪現象に驚くというよりは、いかに最善の道を選ぶか必死になっていた俺達は来たときはなかった地蔵がある=”その道は間違った道”かもしれない?という考えの検証に夢中だった。

その結果、俺・B・Cは右の道を選ぶと主張したが、Aが猛反対。
これは本体である俺を助ける地蔵の導きだと主張して一歩も譲らなかった。

B:「こんなときにネタはやめろ!」

A:「いや本気だ!」

AとBの口喧嘩にひたすらオロオロする俺とC。

そんなカオス手前の状況の中、右手の道から地図を持った猿が突如出現。
あまりにも早い再会にも驚いたが、猿が「こっち!こっち!」みたいに見えるジェスチャーをするのは夢でも見ているのかと思うほどたまげた。

突然の新展開にさらに困惑していると、Aが無理やりBを左の道に引っ張っていった。

俺もCもあまりにも強引なAに行動に「まさか憑かれているのでは!?」と不吉な考えが浮かんだ。
Aを止めようと走りよった俺達だったが、二人の前に来てフリーズしてしまった。

Aによって左の道にひきこまれかけているBが尋常じゃないくらい暴れている。
血走った目はぐりんと上を向き、涎を垂らしながら歯を食いしばり、「いやだー!!猿!猿の方に行かなきゃダメだー!!この道はイヤダー!!猿の道がいいィィィ!!」と気が狂ったように叫びだした。

A:「そこのボケナスノロマとボンクラデブ!止まってないで手伝え!!」

”いつものAだ!!”と、年中口が悪くて人を罵倒しまくるAの罵りに理性を感じ取った俺とCは暴れるBをガッチリ押さえて左の道を突き進んだ。

その後、地蔵を過ぎたあたりでBは大人しくなりしばらく放心状態に。

俺達の呼びかけにやっと反応したBは少しキョロキョロした後、突然「うひゃぁ~~」と叫んで一目散に道を駆け下り始めた。

突然のBの疾走に驚いた俺達は意味も分からずBを追いかけ道を下った。

結局左の道が正しかったようで、Bを捕まえたあたりで山のふもとあたりに出ることができた。
そのまま山を下ったが、その間、Bは何を聞いても「うるさいうるさい」しか言わず、Cが隠し持っていたうまい棒を10本ほどもくもくと食べていた。

結局町で夜明けを待ち、バスで帰った俺達だったが、町でもバスでも相変わらずBはだんまりだったし、しつこく聞く俺をAがたしなめた。

仕方ないのでCのリュックを漁ったがチロルチョコしか出てこなかった上にチョコ好きのAに奪われた。

なんでAが左の道を選んだのか、Bはなぜおかしかったのか、その後どうして疾走したのか。
物事がハッキリしないと無性にいらつく俺はチョコすらありつけなかった八つ当たりにCの耳をひっぱったりした結果、Cがキレて俺を殴った。

そんなこんなで地元に帰った俺達はなんとなく気まずい感じで別れてそれぞれ帰宅した。
その後もAとBが真相を明かしてくれることも無く、結局あのことはタブーになってしまうのかと残念に思っていた。

しかし、その一ヶ月後くらいにCと遊んだとき、CがAとBそれぞれ別々に聞き出した真相を教えてくれた。
なんで俺には言ってくれないのかと嘆くと「お前は口が軽いから」と笑われた。

まずAの話だが、Aはなんだか、最初から地蔵に懐かしさというか、見守られている温かい感じがしていたらしい。
だから全然山にもトンネルにも恐怖を感じなかったらしいが、猿が現れてからは何か嫌な感じがしていたそうだ。
猿が地図を奪って消えてからも何かに見られている感じがしていたらしい。

左の道に地蔵を見つけたときは「から揚げの恩返しパターンだな」と思ったのらしいが、間違ってても戻ればいいし、最悪夜が明けるまで待てばいいと気楽に構えていたとのこと。
しかし、猿が再出現してからは「絶対に右を選んだらいかん」と感じたとのこと。

最初は普通にBと言い合いしていたが、猿出現からなんだかBの目の焦点がおかしいことに気づき、「こいつは魅入られているのでは?」と思い、猿から離すためにも左に引きずりこんだ次第。

B発狂後、俺らがフリーズしたときが一番焦ったらしく「Bだけじゃなくこいつらも魅入られたんじゃ・・・」と内心冷や汗をかいた模様。

B疾走後、Bが俺らの後ろの何かに反応したのに気づいたAが後ろ、すなわち分岐点あたりを照らしてみると、あの猿がちょこんと座ってこちらを見ていたそうだ。
ただ猿の表情は言葉では表せないほど醜く、悪意に満ちていたらしい。

続いてBの話。
BはAと真逆にトンネルの時点から嫌な感じがしていたそう。
地蔵には恐怖MAXだったらしい。
猿は完全にただの野生の猿と思っていたとのこと。

分岐ではAが正気じゃないと思い、激しく反対した。
そっからは少し記憶が無いそう。
んで、気がついたら俺らがガッチリと自分の身体を押さえて自分を見つめていたから、とビビったらしい。

事態を把握しようと周囲を見回すと、俺らの後ろ、さっきまでいた分岐の場所におそらく3、4mくらいの、光る目を持った化け物がこっちを見ていたので慌てて逃げたとのこと。

これが俺が十代の頃経験した山の不思議な出来事の全てです。

山ってやっぱり不気味だよね。