口裂け女は1970年代後半に急速に広まった都市伝説である。
大きなマスクをし、「私キレイ?」と聞いてくる。
「キレイですよ」と答えると、「これでも?」とマスクを取る。
その口は大きく耳まで裂けている・・・といったものだが、話に尾ひれがつき最後は凶悪な殺人鬼になってしまった。

今のようにネットもない時代、なぜここまで急速に、そして全国的に広まってしまったのか?
これにはある社会現象が関わっている。

実はこの時代、学習塾が一気に増えている。
塾に子どもを通わせることが一種のステータスとして流行った時期でもあるのだ。

塾にはいろんな学校の生徒が集まる。
塾で聞いた話を学校で話し、それがまた別の塾で広まる。

話の性質から、圧倒的速度で全国的にひろまったらしい。
それを証拠に学校が長期休暇となる夏休みを境に、口裂け女の話は急速に廃れてしまった。

ちなみにこの話の発信源は誰だったのだろうか?
日本での情報伝達の仕組みを調べるために、アメリカのCIAが送り込んだ調査員が調べたところによるとある岐阜県の主婦が浮かび上がった。

なぜその主婦はそんな噂を流したのか?

実はそこには悪意もなにもなく、ただ経済的に自分の息子を塾に行かせることができず、「塾に行って夜遅く帰ると口裂け女が出るよ」とついた嘘がすべての始まりであったと結論づけられている。