千葉県で語り継がれてる話。

深夜、ちょっとした用事で車でお出かけをした女性がいた。
途中でガソリンがないことに気づき、24時間営業のセルフガソリンスタンドに寄ることに。
スタンドについて給油をしていたが、男性店員がチラチラと意味深な顔でこちらをみてくる。

”なんかこわいなぁ・・・気持ち悪い・・・”

そう思い、早く出ようと急いでいると怖い形相でその店員が走ってくる。
店員はいきなりその女性の腕を掴むとこう言った。

店員:「今使用したクレジットカード、盗難届の出ているカードです。事務所に来てください!」

全く身に覚えのない盗みの疑いをかけられ、パニック状態で店員に腕を引っ張られ事務所に。
事務所に入るなり店員は鍵をかける。
女性は本格的に身の危険を感じたが、その瞬間店員は平謝り。

店員:「すいません乱暴なまねをして。ちょっと確認なんですが、後部座席のナイフをもった男性はお知り合いですか?」

監視カメラをみせてくれたが、見知らぬナイフをもった男性が車から降りてくるところだった。
男性は通報により逮捕。
女性のストーカーだったらしい。

店員の機転によって女性は難を逃れたとのこと。