明治16年(1883年)1月24日吉日、宮城県宮城郡花渕浜において婚姻の儀が執り行われた。

この地方では当時もなお「婚礼の晩に花婿の父親が花嫁と同衾(どうきん)し、味見した後に祝言の杯を取り交わす」という「仮の一夜」と呼ばれる奇習が残っていたという。
※同衾(どうきん):一緒に寝ること。

トンデモねえ話だが、残っていたのだから仕方がない。
そして、その晩もまた花嫁が仲人に手を引かれて次の間に引き下がった。
この部屋は屏風で仕切られて、中が見えないようになっている。
花嫁はここで着物を脱いで布団に入り、婿の父親を待つのだ。

父親の名前は敢えて伏せよう。
とにかく、この父親が屏風の間に入ったのは午後9時頃のことだった。
「仮の一夜」は通常、ものの数分で終わる。

そりゃそうだろう。

嫁になる娘を抱くのだ。
バツが悪いし、隣の部屋では息子をはじめ親類一同が聞き耳を立てているのだ。
勃たない奴だっていたことだろう。
ところが、この親父は1時間経てども2時間経てども一向に顔を出さない。

ど~しちゃったんだろ~な~。
楽しんでやがんのかな~。

気が気でない花婿は立ったり坐ったりしていたという。
そして、いよいよ3時間が過ぎた。
もう午前零時だ。
いくらなんでも長過ぎると、仲人がそっと屏風の中を覗く。

おやおや、まだ抱き合っているよ。
すごいや、この親父。

花婿の堪忍袋の緒が切れたのは午前2時を回ってからだ。

「父さん!いい加減に起きなさらぬか!もう夜が明けちまうぜ!」

かく叫べども返事がない。
はて、これは奇妙と屏風を取り払うと、布団の中で裸で抱き合う二人は共に冷たくなっていた。

なんで?
なんでなんで?
男女そろって腹上死?

そんな馬鹿な!

死因は不明だという。
田舎の事件ゆえにロクに検視解剖もしなかったのだろうが、毒殺の可能性はなかったのか?
あるいは心中の可能性は?

モヤモヤとしたものばかりが残る、不可思議な事件である。