人形の話。
自分は小学1年から卒業するまで家庭の事情でアパートに家族で住んでいました。
そこの大家さんの子供(Y)が僕と同い年やったんです。
で、僕の住んでるアパートの真ん前に大家さんの家があって、古いけど昔ながらの一階建てで、とにかくでかい家でした。

当然、そのYと遊びまくりましたよ。
学校一緒で、家がバリ近、同い年で男同士、てか幼馴染ですよね。

僕らファミコンにハマってて、そのYの家ですることが多かったんです。
広いし僕の家は両親が共働きで、Yの家はお母さんがずっと家にいてるんです。
ほんと絵に描いたような専業主婦でしたよ。
バンバン家事やってました。

で、そのお母さんの凄いとこは、合間で僕らの相手をしてくれるんです。
色んな話してくれるんですが、怖い話とかもしてくれました。
そこである日、Yのお母さんが人形の興味深い話をしてくれたんです。

Yの家には髪の伸びた日本人形があるんです。
明らかに最初に見た時より5センチぐらい伸びてるんですよ。
でもYも、Yのお母さんも全くスルーなんです。

Yのお母さん:「これね、もともとは長い髪の束を人形の中に入れ込んで、そのナンボかを見えるように頭から出してるんよ、余ったのは中に入ったまんま。」

意味、わかりました??

Yのお母さん:「で、10年も20年も経ったら、頭の接着剤が弱くなってきて、中の髪の毛がズルズル外に落ちてきてん、呪いの人形みたいじゃないw」

僕は人形の髪がどんだけ中に入ってるか知りたくなって・・・やめときゃいいのに人形の髪の毛を引っ張ってしまった。

ブチッ・・・。

人形の髪の毛はちぎれて、人形の頭皮には髪の毛を通す穴などありませんでした。

「人形に髪の毛が生えてるじゃねーかよ!!!」

叫びながらYの家から逃げ帰ったのを今でも忘れません。