地元が山に囲まれたところなので子供の頃、探検したりして遊んでいた。

ある日、友人数人と山の奥まで探検してみようと林道をはずれて奥へ奥へ進んだ。
迷わないように学校から”かっぱらった”でかいスズランテープ引っ張りながらずんずん歩いた。
当然平坦な道ではないのでさながら正に探検隊みたいな気分。
このままどこへ出るかちょっとどきどきわくわくだった。

ちょっとした丘みたいになった所を登りきったところで、少し開けた場所に出た。
ちょっとした原っぱといった感じ、向こうに大きな岩が見える。

とりあえず休憩。
水飲んでお菓子食べていたら変なものを見つけた。

玩具だ。

当時4年生だった自分らよりも幼い子供が使う感じの玩具。
皆で探索するとちらほらミニカーとかゴム人形が落ちてた。
その時点で何でこんな山奥の獣道すらないような場所にという恐怖があった。

突然友人Tが「おい!」と皆に声をかけた。

彼は何かを指差しており、その先には粘土層をくり貫いて作った祭壇?らしきものがあった。
そしてその中に遺影があったのだ。

皆一様に息を呑む。
その遺影は女の子のだと思われた。

時間が経っているためか汚れて遠めには分からない。
ただひと目で遺影と分かる装飾がしてあった。

今まで穏やかだった周りの木々が一気にイメージを変えた。
もう今にも山の奥の暗がりからなにか覗いてたり飛び出したりしそう。
走って逃げ出したい気分を抑え皆足早にそこを離れた。

下山するまで大分生きた心地しなかった。

それからその山を林道外れて奥に行くようなことはしなくなった。
大体どういけばそこに着くか頭にはあるが、もう絶対行く気はしない。