男は3ヶ月前、息子を轢き逃げで亡くしていた。
妻に先立たれ、男手一つで育ててきた息子だけが生き甲斐だった男は、犯人を殺したいほど憎んでいた。
その後、犯人は捕まったが、これでは容易に復讐も出来なくなってしまった。

或る日・・・。
男は古本屋で『悪魔召喚』と書かれた一冊の本を手に入れた。
こんなモノを信じてはいなかったが、何も出来ない自分が許せなかった男は“悪魔”を呼び出してみる事にした。

見事、悪魔は現われた。

悪魔:「・・・お前の望みはなんだ?」

男:「息子を殺した奴に復讐がしたい!殺してやりたい!」

悪魔:「・・・前払いで“お前の死”を報酬として貰うが良いか?」

息子を失った男は、自分の命など惜しくはなかった。

男:「ああ・・・それで構わない・・・」

悪魔:「・・・ならば契約成立だ」

数日後、轢き逃げ犯が謎の死を遂げたと聞いた男は、悪魔との契約の事を思い出した。

男:「前払いで“私の死”ではなかったのか?だが私は生きている・・・。奴は悪魔に殺されたわけではないのか?あの悪魔は嘘を吐いたのか?」

そんな疑問を抱え数日が過ぎた頃、再び男の前に悪魔は現れた。

悪魔:「・・・契約は果たした・・・さらばだ・・・」

男:「待ってくれ!あんたは“私の死”を報酬にしたはずだ!・・・なのに、何故私は生きている!?」

悪魔:「・・・そうだったか?俺は忘れやすい性格でな・・・」

悪魔は笑いながら、最後の言葉を残して消えた。

悪魔にも子を思う親の心が分かるんでしょうかね。