とある若い女性が友人たちとハワイ旅行へ出かけた時の事だ。

彼女はハワイでハリーという名の素敵な白人男性と知り合う。
南の島の開放的な雰囲気の中二人はたちまちのうちに愛し合うようになった。
やがて彼女が帰国する日がくると空港まで見送りにきてくれたハリーは彼女をそっと抱きしめて「飛行機が離陸したら包みをといてほしい」と言って彼女にジュエリーケースを手渡した。
二人はいつまでもなごりを惜しんでいたのだが、ついに飛行機の離陸時間がきてしまう。
またいつか再開することを約束し、彼女はハリーと別れた。

やがて離陸した飛行機の機内で、彼女はハリーの言葉を思い出しジュエリーケースの包みをといた。
ところが、その中に入っていたのはたった一枚の紙切れだけ。
不思議に思いながら彼女がその紙をひろげるとそこにはただ一言、こう書き記されていた。

『WelcomtotheworldofAIDS!(エイズの世界へようこそ!』

・・・というのは、お決まりの都市伝説!
しかし、一年程前オレは初めて風俗店なるものへ行ったんだが、そんときに風俗嬢から聞いた話がある。

そこの店は、関東の中でも有名な風俗街にあるんだけど、その土地名からNK流という本番サービスを売りにしている店で、値段も安く、なかなかの美人ぞろいだった。

オレは、とりあえずやることをやり、余った時間で女の子との会話を楽しんでいた。
まぁ、ありがちな「今までに出会った変な客」について話してたんだけど、その風俗嬢は、「絶対に誰にも言わないで!」と強く念押しした後、こんな話を始めた。

風俗嬢:「あるお店の同業者の友達で、客からエイズ貰っちゃった子がいるの・・・」

風俗嬢:「その客は、見るからにオタクっぽい40代位の不潔そうなオヤジだったんだけど、自分がモテないことを悟っているらしく『仕事とは言え、こんなオヤジとやるのも大変でしょ?』何て言いつつお金を余分に手渡してくれたんだって。」

風俗嬢:「そこまでされると、さすがにいい人なんだと思えてきて、悪い気はしなかったから楽しく時間を過ごしたんだって。それから客が帰った後に、もらったお金が入っている封筒を開けると、3万円と共に紙切れが2枚入っていて1枚は下手な手書き文字で〈所詮、君の値段は1万円(風俗料金)、僕が高い値段で買ってあげる〉って書いたものが入っていて『やっぱオタクの考えることはわかんないな~(笑)』なんて思ったらしいんだけど、2枚目の紙切れを見て気を失いそうになったんだって。」

風俗嬢:「その2枚目の紙切れって言うのが”エイズ検査証明書”だったらしいよ。」


オレは、この話を聞いて、なんて言っていいか分からず、元々お人よしな性格なんで、生きる希望やら、新薬の進歩やらを熱く語ったんだ。
そしたらその風俗嬢の子が泣き出しちゃて、「お客さんみたいないい人に嘘なんかつけない!」って言い出して、わけがわからず「どういうこと?」って聞いたら彼女は泣きじゃくりながら、やっとの小さな声で言った。

風俗嬢:「さっきの話、友達じゃなくて私なんです・・・ごめんなさい」

俺:「・・・・・・」

幸いにしてオレは検査の結果、陰性だったが、NKという言葉に心当たりのある方、あの辺は危険ですよ。
一度検査をオススメします。
ちなみに後ほど店に電話をしたら、その子は既に店を辞めてました。