大学のときの話。
俺は大学入って、とあるアパートで一人暮らしをしていた。

ある日、大学から帰ってきて疲れてたんで、すぐに床に着いた。
すると、午前2時くらいに窓が「ガタガタ」となり響いた。

風が強いのか?と思い、うるさいから布団の中にもぐった。
それから、10分くらいたって急に「ガラガラ!」って窓が開いた。

えっ?
なんだ?

そう思って恐る恐る確認しにいったけど、外には何も無かった。

暫く、「変だな・・・」と布団で考えてたら声が聞こえてきた。

それは玄関の方からだだった。

声:「・・・すひろ。やすひろ・・・」

俺:「やすひろって誰だよ!?」

そう思いつつ、俺は段々怖くなった。

しかし、声はつづく・・・。

今度はドアノブを「カチャカチャ」し始めた。
さらに声はどんどんでかくなり、「やすひろ・・・やすひろ・・・ヤスヒロ!」と、人間とは思えないような声に変化していった。

ドアノブも「ガチャガチャ」と、激しく音を立てる。

・・・気づくと朝になっていた。

夜中の出来事は夢だったのか?・・・そう思った。

俺は大学へ行くために身支度して鍵をしめようとしたとき俺は血の気が引いた。

見ると昨日までそこにあったはずのドアノブがごっそり無くなってた。

俺:「ドアノブ泥棒!?」

幽霊か不審者かわからなかったが、一応は警察を呼んだが、未だに犯人不明です。