俺の死んだ爺ちゃんが戦争中に体験したって話だ。

爺ちゃんは南の方で米英軍とドンパチしていたそうだが、運悪く敵さんが多めのとこに配置されちゃって、ジリジリ後退しながら戦う毎日だったそうだ。

話を聞いていた当時中学生の俺には、日本軍なんて「突撃!」とか「玉砕!」とかやっているイメージだったので、作戦で米英軍が進んでくるところをちょいちょい襲撃して進撃を遅らせながら、こちらの被害は抑えて後退しながら戦うなんて意外だった記憶がある。

そうやってジリジリ後退していた爺さん達だが、ある日、とうとう敵さんに部隊の位置を補足されちゃって、爆弾やら砲弾やらがガンガン打ち込まれる事態になったそうだ。

必死で友軍陣地を目指して逃げたので、仲間も一人二人と生死も判らないままはぐれて行き爺ちゃんも死を覚悟しながら移動したが、後1日も移動すれば安全圏ってところで、近くに爆弾がさく裂して吹っ飛ばされたそうだ。

気がつくと友軍陣地なのか兵士が大勢いるところだったそうで、「助かったのか?」って思ったそうだ。

そこは川に近い広場の様なところで、見覚えはなかったが、大勢の兵士が寝転がったり雑談したりと大分前線からは離れた様な和やかな雰囲気だった。

爺ちゃんは衛生兵に自分の隊はどうなっているのか聞いてみたら、川岸にたむろしているのがそうじゃないかって言われたのでさっそく行ってみた。

川岸に行くと隊長の姿は見えなかったが、退却中に別れ別れになった仲間がいて、爺ちゃんは結構助かった仲間が多い事に嬉しくなった反面、3分の1位は姿が見えない事に悲しくなった。

そして、特に親しくしていた仲間と雑談しながらくつろいでいると、川の向こうに見覚えのある兵士が大声で叫んでいるのに気がついた。

その兵士は大声で爺ちゃんの名字を呼んでいるので目を凝らしてみたら、どうやら同じ隊のAって人のようだ。
爺ちゃんはAが川の向こうにいる事を仲間に教えた。

最初は皆きょとんとして川の向こうに人影を探している様子だったが、あんなにハッキリとAが見えているのに見つけられないようだった。

そのうち誰かが「あ~そういう事か~」と言って、皆で爺ちゃんを担ぎ上げて、「お前はあいつのところまで行ってこい!」とか、「しっかり泳げよ!」と言いながら慌てる爺ちゃんを川に放り投げたそうだ。

爺ちゃんは怪我人に酷い事をするもんだ!!と思ったが、あの退却でAも助かったんだと思うと嬉しいので痛みをこらえて川を泳いだらしい。

向かいの川岸ではAが自分の名前を呼び続けているので、声を頼りに近づいていくと急に激痛がはしり、しまったワニか??と思ったらしい。

激痛で意識が飛びそうだと思ったとき、今度はベッドの上で気が付いた。
さっきまで居た所ともまた違うどこかの友軍の陣地。

爺ちゃんは激痛をこらえながら衛生兵に聞いてみると、自分の目指していた陣地よりも更に先の場所だった。

衛生兵に「君の隊は大変だったな、背負ってくれた仲間に感謝しろよ。」って言われて、爺ちゃんは色々聞こうとしたが、今は寝ていた方が良いと取り合ってはくれなかった。

次の日、爺ちゃんは痛みと疲れでぼんやりとしているところにAが訪ねてきた。
Aは開口一番「お前は隠れて何か喰ってたのか?重かったぞ。」って笑いながら嫌味を言ってきたそうだ。

爺ちゃんはAが運んでくれたんだと思いながら、これでも痩せたんだと言い訳をした。

言い訳をしながらも心に引っかかる言葉が言い出せずにいると、Aの方から「ウチの隊は今の所7名だ」と言った。

爺ちゃんはあの川岸で会った何名かの名前を口にしたが、Aが上げた名前の人は誰も来ていないと言った。

そして今この陣地に居る人の名前をAに聞いたところ、”あの川岸”に居なかった人たちだったそうだ。

爺ちゃんはこの話をしたときに最後にこんな事を言っていた。

爺ちゃん:「戦場に行けば死に花咲かさなきゃいかんとか話にはなるけど、やっぱ戦友には生き残って欲しいものだよ。みんな同じ気持ちだよ。」

爺ちゃんは8年前に亡くなってしまったが、あっちでは川岸の戦友さんと仲良くやって欲しいな。