僕の従兄弟は地元でユタと呼ばれる、占い師?イタコ?みたいなものの修行や勉強をしてるんです。
僕と一緒に介護施設で働いてるんですが、よく一点を見つめては「あそこに霊がいる」「土地の神様が怒ってる」みたいなことを言ってきます。
正直、全然信じてない僕はいつも、「また始まったよ・・・」と思いながらも軽く受け流していました。

そんなある日、いつものように14時30分頃に出勤しフロアで利用者を見渡すと、うちでも一番高齢の女性の利用者(Tさん)が、車椅子に腰掛けたまま眠っていました。
ですが、顔が黄色っぽくなっていて明らかにいつもとは違う様子だったので、呼びかけてみたのですが、反応がありませんでした。
すぐにバイタル確認すると呼吸、脈ともになかったので、同僚に救急車を呼んでもらい、僕はTさんを寝かせ心臓マッサージを行いました。
間もなく救急車が到着し、Tさんは救急隊員によって病院に運ばれていきました。
こういった経験がなかった僕や同僚はほとんどパニックで、適切な対応が出来ていたかどうか不安でしたが、
只々Tさんの無事を祈るばかりでした。

しかし、その後病院からTさんが亡くなったとの連絡がきました。
ショックではありましたが、とても高齢でしたし、しょうがないのかなと思っていました。

その後に従兄弟が出勤してきた為、今までの状況を説明すると、「そっかぁ、大変だったね」と励ましてくれました。
業務に戻ったのですが、あんなことがあった後なのであまり仕事が手に付かなかったのを覚えています。

しばらくして休憩に入り、従兄弟と二人っきりになったのですが、従兄弟が妙な事を言い始めました。

従兄弟:「Tさんが苦しんでいる」

またいつものあれが始まったと思った僕は、「そんなこと言わないでよー」とかなんとか適当に返していました。

しかし、従兄弟はいつにもなく真剣な表情でこう続けました。

従兄弟:「これは自然死じゃないな。多分窒息死。喉に何か詰まってるかも」

僕の施設ではお昼ご飯は12時から13時くらいまで、おやつは15時からです。
僕がTさんの異変に気付いたのは14:30。
お昼ご飯からは大分時間が空いていましたし、その10分位前では意識もあったと同僚も話していたので、誤嚥による窒息の可能性は疑っていませんでした。

しかし、従兄弟は「間違いない。苦しんでる声が聞こえる」と断言していました。
僕はとても信じられず、「まさか~」とか言いながら流していたんですが、従兄弟は「本当だよ」と言い残し仕事に戻って行きました。

その2時間後に警察から連絡がありました。

警察:『Tさんの肺や器官から食物残渣が出た。窒息死の可能性があるので事情聴取を行いたい』

正直、鳥肌が立ちました。
現場におらず、状況を僕から聞いただけの従兄弟が何故詳しい死因まで分かったのか・・・。
今思い出しても不思議でなりません。
本当にTさんの声が聞こえたんでしょうか・・・。