俺が中学生だった時の話。

今みたいに暑くて二階でアイスを食ってたら、母ちゃんが「タロウ(犬の名前)の散歩に行ってくるきんねー!」って言ったのが聞こえた。
俺はアイス舐めながら適当に返事した。

アイスを舐め終わったので、アイスの棒を捨てに一回に降りたら、タロウが庭で尻尾振りながら俺の方に向かってきた。

「え?散歩行ったんじゃねーの?」

母ちゃんの名前を呼んだけど変事は無かった。
変だなーとか思って、取り合えず母ちゃんを探しに外に出てみた。

あちこち探している内に、やっと公園の近くで母ちゃんを見つけた。
だけど、「母ちゃん!」って呼んだけど返事は無かった。
よく見ると母ちゃんの足元には、真っ黒でヌメヌメした気味の悪い生物がいて、形は犬なんだけど、それ全然タロウじゃないの。
光沢があるっていうか、なんか気持ち悪かった・・・。

直感で「ヤバい!!」って俺は思って、母ちゃんを引きとめようとしたんだけど、丁度トラックが来て、母ちゃんは轢かれて跳ね飛ばされた!

その瞬間、黒い奴は素早く逃げて、向かいの草むらの中に飛び込んで消えた。
母ちゃんは幸い、骨数本折っただけで済んだ。

その時の事を母ちゃんに聞いてみたんだけど、「タロウにリード(紐)を付けようとしたら目の前が真っ暗になって、そこから全然覚えてない」と。

ただしばらく経ってから、俺が母ちゃんを呼ぶ声が聞こえたらしいく、「だからそっちの方へ行こうとしたんだけど、その時に轢かれた」みたいな事を言っていた。

結局、あの黒い生き物は何だったのだろう。

今でも家族で飯食う時とかその話題で盛り上がる。