学生の時某ファストフード店で働いていた。

冬のある日、朝ピーク時間の前、フロアにトレーなどを下げに行ったら、窓際の席に女性のお客様がいた。
コーヒーとポテトを召し上がりながら、頬杖を着いて本を読んでいらした。

1時間くらいしてまたフロア清掃に行ったら、同じ格好でいらっしゃる。
まあ別にファストフードなので、何時間でもいらっしゃる方は居る。

1時間位してまたトレーを下げに行った時、まだその方は同じ格好でいらっしゃった。
その時手が滑ってトレーを落としてしまった。

「バターンバタバタン・・・・・」

音が響き渡る。
フロアにいらっしゃったお客様が一斉にこっちを見る。
でも窓際の女性の方は、ぴくりとも動かない。

また30分位してフロア清掃に行くと、まだ窓際の女性はいらっしゃった。
机を拭きながら近くに寄ってみると、その方は瞬きをしていない。
もう日差しが窓から入っていて、そこそこまぶしいのに。

えっ?と思いながらよく見ると、やはり瞬きをしていない。
頬杖をついている腕もぴくりとも動かない。
当然本のページをめくる様子も、コーヒーを飲む様子もない。
本当によく出来た置き物の様だった。

また1時間くらい後、自分が休憩に出る前、最後にフロア清掃に行った。
まだ窓際に女性がいらっしゃった・・・。
最初に見た時と同じ姿勢は変わっていなかった。
いい加減なんか怖くなって、その女性に声をかけた。

私:「お客様」

反応はない。
失礼になるし、CSに連絡されるの覚悟で肩を強めにたたいた。

私:「お客様。そろそろお席が混み合いますので・・」

その途端、ビクンと肩が跳ねた。

女性客:「まだ9時前でしょ!まだいいじゃない!」

私:「あの・・・お客様・・・ただいま11時でして・・・」

女性客:「えっ?!」

私:「お客様ただいま11時でして・・・これからお昼で混み合いますので・・」

女性客:「えっ?!」

腕時計を確認される女性。
その顔は本当に驚いているようだった。

私の顔と腕時計と窓の外を何回も見て、女性は片付けもせず走って店を出て行った。
女性の残していったトレーを片付けるため、飲み残されたコーヒーをゴミ箱に捨てに行った。
まだコーヒーのカップは熱かった。

お代わり買った?とも考えたけれど、買いなおしに来た記憶はない。
持ち込み?とも考えたけれど、女性のカバンは小さめで魔法瓶など入っていそうになかった。

よく一瞬だと思ったら、何時間も経っていたという話を聞くけれど、もしかしたらあの女性はその体験をしていた?
私は外側から彼女を見ていた?

その女性は時々その後も来ていたけれど、何時間もいらっしゃったことはなかった。
本当にあの1日だけ、彼女に何か起こっていたんだと思う・・・。