学生時代の話。

うちの地域は第二次世界大戦でかなりの被害者を出した地域で、そのせいか小学校~中学では、戦争について色々勉強させられた。
その一環で、中学の時に防空壕見学に行かされるんだけど、俺達が行った時、その防空壕の近くの茂みのところに「妊婦の幽霊がいた」、と話題になった。

実は俺も気づいてたんだけど幽霊とは思わず、2才くらいの子供の手を引いた妊婦がいたので、近所の人かな、と思ってた程度。

面白いのは、見た人は結構な割合(クラスの半分くらい)なんだけど、それぞれ見えたものが違うってこと。

俺の様に「子連れの妊婦」に見えた人もいれば、「子供はいなくて妊婦だけだった」って人もいる。
ただ、子連れに見えたって奴の共通点は、みんな「2~3才くらい」ということ。
もう一つ面白いのは、何故か女の目撃談では、「妊婦のずぼん(モンペみたいなやつ)が赤かった」、もしくは「妊婦の下半身が血まみれだった」というもの。

男のほうは血をみたとか、ずぼんが赤かったという目撃談は無い。

複数の似たような人がいたのか、それとも同じものを見ても違う受け止め方をしたのか、よくわからない。