夫の単身赴任で自分が一人暮らしだった頃、近所のとある外飼い猫♂に異様になつかれた。
高価そうな首輪をした子猫だったが、エサもやらない我が家に夜毎に来ては爆睡していった。

そんなある冬、泊まりがけの出張中に予想外の大雪。
猫が心配で心配で、大急ぎで家を目指した。

家に着いたのは薄暮れ時、ドアノブは氷のように冷たい。
向こうに待つのは、一人きりの暗い部屋・・・。
「猫は?」と見回したら、早くも「にゃ」と後ろで待っていた。
地面の雪に、一直線の足跡。
撫でようと伸ばす手を待ちきれないかのように、猫は目一杯伸び上がって手のひらに頭をゴッチンスリスリ。

その時、不意に幼児の姿が浮かんだ。
「おかーさん帰ってきた」と、つないだ温かい手を嬉しくてブンブンする幼児。

私:「子供、いいかもなぁ・・・」
何かがフッと灯ったように感じた。

子無し夫婦だったのだが、夫に「子供をもってみないか」と相談してみた。
そこから亀裂は始まった。
夫は「契約違反だ、そんな人間は信用できない」と。
休まず働き続けて家に収入を入れる条件だったと。

私は件の猫を連れて家を出ることになった。
猫も成猫となって、飼い主の引越しに置き去りにされたのだ。

一人と一匹の暮らしはうっすら温かで、この大柄な猫はとても賢く優しく、決して私に怪我をさせなかった。
しかし外飼い時代に猫白血病と猫エイズに感染しており、そう長くは生きなかった。

猫を送った頃には、私もさらに年齢を重ねていた。

私:「ああ、また一人だ。これからも、多分」

そう思った。
薄暮れの道を、一人で歩いていくのだ、と。

その頃、動物好きな今の夫と出会った。
望外の妊娠。
夫は「おお、生き物が増える」と素朴に喜んだ。

無事に息子が生まれ、夫がつけた名前は、さきの猫の名とよく似ていた。
夫は猫の名前までは知らず、「画数がよかったので」と言ったが・・・。

タクマはもう幼稚園児になった。
お迎えにいくと「おかーさん」と大きな体で腕にぶらさがってくる。
先生によると、タクマはお友達にも決して乱暴せず、誰かが泣いているとそっとついててあげるそうだ。

タクマがタマの生まれ変わりというのは無理があるし、そうすると不思議な話でも何でもないのだが、薄暮れの道に「にゃ」と現れた温いものが人生を変えた。