その日は残業だったので終電で最寄り駅に着いた。
駅からの帰り道には地元で一番古い小学校があるんだが、そこで異変が起きた。

その小学校の脇を通った時に校庭で子供達がはしゃいでる?声が聞こえてきた。
何を言ってるのかは聞き取れなかったけど、数十人くらいの子供がワーワー騒いでるようだった。
空耳かな?と思ったけど妙にハッキリ聞こえたので自転車を止めて様子を伺った。
それでも子供達の騒ぐ声が10秒くらい続いたので空耳とは思えない。

「なんで深夜1時に子供達が集団で騒いでるんだろう?」

疑問に思ってその小学校の裏口から校庭を覗いた。

校庭は真っ暗でこの暗闇の中で子供達が騒いでるのは不自然というかありえない。
校庭じゃなくて校舎か体育館に居るのか?と思い、薄っすらと街灯で照らされた校舎と体育館を見たが真っ暗で人が居る気配は無い。
その時は恐怖心は全く無く何故かこの声の方へ行きたくなり、裏口の門をよじ登って校庭内に入いった。(今にして思えば何故校庭内に入ったのか不思議でならない)

校庭内に入りさらに声の方へ近づくと、その声はさらに大きく鮮明になっていった。
さらに歩いていくと声は前後左右から聞こえてきのだが、その時、それが子供達がはしゃいでいる声ではない事に気付いた。

「助けてえぇ、苦しい・・・」

それはもがき苦しんでいる人達(女性と子供のようだった)の絶叫と悲鳴だった。
その途端体中が火傷しそうなくらい熱くなり、焦げるような異臭とともに煙で目に激痛が走り呼吸困難になる。

同時に何人もの人達?が俺の体にしがみ付いてきた感覚がしたが人の姿は見えない。(正確には真っ暗闇なので見えなかった)

俺は必死でその人達?を振り払いながら外の街灯を頼りに裏口を目指した。
なんとか裏口までたどり着くと、必死で門をよじ登り外へ脱出したが、その途端悲鳴が止み、熱と煙も消えていた。

翌日爺ちゃんにこの話をしたら爺ちゃんからその小学校は戦時中には防空壕があったのだけど、大空襲でその防空壕が爆破されて中に居た数百人がほぼ全員犠牲になった事を教えられた。

俺はタイムスリップしたのだろうか・・・。

もしあの時しがみ付いてきた手を振り払う事が出来なくて、校庭から出られなかったらどうなっていたんだろう?