足の指をちぎる夢を見た、一昨日の夜から昨日の朝にかけて。

夢の中でも自分の部屋にいて、ぼーっと座ってるだけなんだが、急にぶちぶち自分で自分の足の指をもぎ始める夢。
何を思ってそんなことしてたのかわからんが、関節のあたりから面白いくらい簡単にちぎれるのよ。
痛みもない。

で、両足とも三本ずつくらい指がなくなっちゃってから、「ああーやっちゃったー」って後悔した。
でもそれと同時に、「まいっかーこれ多分夢だしな」、とか考えてた。
痛くないし。

でも何か、妙に意識がはっきりしてるっていうか、部屋の風景もやたら鮮明で、「あ、やばいこれ夢じゃないかも・・・」ってだんだん焦り始めた。
やばいどうしよう俺もう歩けねーじゃんみたいな。

相当焦ってたんだけどまあ、結局そのまま目が覚めたわけね。
すぐ足の指確認してかなりほっとした。
すごい汗かいてた。

で、夢のことをメモすることにした。
夢日記ってやつ。

別に普段から付けてるわけじゃないんだけど、変な夢だったし、こんだけ鮮明にいろいろ覚えてるのも珍しかったから。
時間経つと忘れそうだし。

あとで夢鑑定スレにでも書こうかと思ってw
近くにあったルーズリーフにできるだけ細かく箇条書きしてみた。
ちぎった指がどの指かまではっきり覚えてたから書いた。
半分寝惚けたままで書き終わって、まだ朝早かったからそのまま二度寝。

で、何で夢鑑定スレじゃなくてここに書いてるかっていうと、その後ちょっと変なことがあったからなんだが。

昨日はその後友達と遊ぶ約束があって、昼から夕方までカラオケに行った。
まあ飲み食いしながらひたすら歌って騒いで、そろそろ帰るかーって空気の時に、ふと夢のことを思い出したのね。

それで誰かに話してみようかと思って、何の気なしに「俺さー自分の足の指ちぎる夢みた」って言ってみた。

そしたらマイク持ってた友達が急に「俺も!」って・・・。
一瞬ぞっとして、「え、まじで?」って聞き返した。
そしたらそいつが「まじまじ、俺も家が燃える夢見た!」って。

は?って思った。

全然関係ないじゃん、何言ってんだって。
そう聞いたら、そいつも変な顔した。

「え?お前今家が燃える夢見たって言わなかった?」

「いや言ってないよ」

そいつ以外の奴らは俺が言ったこと聞こえてなかったみたいで、なになにどうした何の話ー?状態。
俺は、そいつが聞き間違えたかなんかだと思って納得して、めんどくさくなったから適当にその話は流して、そのままお開き。

念のため言っとくけど、俺が見たのは足の指の夢で、家が燃える夢なんて一瞬も見てない。

それから、夕方うちに帰って夕飯食べてから、メモのことを思い出した。
部屋に戻ってそのルーズリーフ見てみたんだが、寝惚けて書いたから書いたときの記憶はほとんど無いし、ぎりぎり読める汚い字だった。

だけど、それを最後まで読んで、背筋が冷えた・・・。
メモもう捨てちゃったからうろ覚えだけど、こんな風に書いてあった。

・足の指をちぎる
・部屋
・右人さし指、中指、こゆび
・左おやゆび、人さし指、こゆび
・いたくない
・火事

読んですぐぐしゃぐしゃに丸めて部屋のごみ箱に捨てたけど
気持ち悪くて、拾って近くのコンビニまで走って捨てに行った。