不思議系でいくつかご紹介・・・。

【アレは絶対に現実だったはず】
霊感はないんですが、不思議な体験を何回かしてきました。
そのうちの一つです。

小さい頃の楽しみが家の周りを探検する事だったんです。
塀の上を上ったり人んちの庭に侵入したりしてしょっちゅう迷子になってましたww

その日も知らない道を発見してまたうろうろして、人の敷地に侵入し家の人に見つかったりして逃げたりしました。
でもなんていうか途中から様子がおかしい・・・。
明らかに人が居ないんです。
声や気配がないっていうか・・・。

転んだりでもう傷だらけで痛いのと怖いけど道も分からずただ進みました。
で、しばらく行くと砂浜?があったんです、そりゃもうきれいな・・・。

すると男の人が来て「どこからきたの、一緒に遊ぼうか」と言ってきて遊んでいたら見る見るうちに夜に・・・。
すると「もう帰らないとだめ、早く帰りなさい!!」と強く言われ怖くなりましたが、「帰り道が分からない」と言いました。

すると、「返してあげるからね・・・」といわれて、ハッとしたら自分のベッドの上・・・。
転んだりすったりした傷が所々に残ってたんです。
とても夢とは思えません・・・。

それが小さい頃に体験した初めての不思議な体験です。



【夢の中に消えた怖い話】
友人とサシで呑んでるときに、ネットで見た自分のお気に入りの怖い話を紹介した。
まとめサイトに載ってる『繰り返す家族』とか『交通事故で死んだ家族』とか。

で、最近になって、その友人に別の怖い話を紹介する夢を見たんだ。
自分は明晰夢は見れない性質で、夢での自分の語り口はこんな感じ。

自分:「この前怖い話の紹介したけど、またいい感じの見つけたよ」

自分:「前半はこんな感じのあらすじで、後半はこんなくだらないオチになる」

自分:「でも、前半のこういうところとかはすごく怖いと思うんだよ」

聞き手の友人は熱心に聞いてくれるタイプなので、現実と同じように「うんうん」と頷きながら聞いてくれた。

まあ何にせよ夢なので、目が覚めたら夢の中で話した怖い話の内容なんか覚えていない。
ネットで拾った話だったのか、それとも自分で思いついた話を脚色したのかも判然としない。
でも、夢の中で「こういうところとかはすごく怖いと思うんだよ」と話したときに感じた、背中がぞくりとする感触だけははっきりと覚えている。
現実の世界で、良質な怖い話を読んだときの感触と全く同じ。

夢の中に消えた怖い話。
いったいどんな話だったんだろう。