都市伝説系でいくつかご紹介・・・。

【惨殺だったらしい・・・】
ちょっと昔の話。

当時、田舎のホームセンターで働いてた。
田舎だから、年寄りがよく来る。
その常連客に、とある中小企業の社長さんがいた。
60代ぐらいのじいさん。

まぁ、それなりに羽振りがよくて、にこにこしてて、感じがいいじいさんだった。
そのじいさんが一週間ぐらい店に姿見せなくなって、風邪でもひいたのかな?と思ってたら、新聞の地方欄に小さな記事が・・・。
そのじいさんが、愛人を殺して自殺した記事だった・・・。

愛人がいたってこともその記事で初めて知ったが、(いまから思えばいてもおかしくはない感じだった)まさか人殺すなんて・・・。

しかも惨殺だったらしい・・・。
その割には記事は小さく、続報無しだったから、それなりの権力が動いたのかもね



【「出る」と評判の病院】
ある学生がケガをして病院に入院した。
怪我自体は軽く、1週間もすれば退院できることのことだった。
しかし、その病院は「出る」と評判の病院であった。
ところが霊を信じない彼は友人にそのことを聞いても全く気にしていなかった。

ある日の深夜、トイレに行きたくなり目が覚めた彼はよたよたとトイレへ向かった。
深夜の病院は不気味な雰囲気ではあったが、彼はよろけつつもトイレの前に来た。

「カチャカチャ・・・・カチャカチャ・・・」

そのとき廊下の奥の方から金属が触れ合うような音が聞こえた。

「なんだ?手術の用具でもトレイに乗せているのか?だがこの階は病室しかないぞ・・・」

そして音がだんだんと近づいてきた。

それは彼の予想通りに手術用具を乗せたトレイを押している看護婦であったが、血だらけの白衣と禍々しい空気から彼女が人間でないことは明らかだった・・・。

彼は仰天し、「早く逃げないと看護婦に見つかってしまう!」と思ったが、今の彼は怪我をしているので早くは動くことは出来ない。
そこで目の前のトイレに駆け込み個室の鍵をかけ隠れることにした。

「カチャカチャ・・・・カチャカチャカチャ・・・キィーキィー・・・・」

トレイを押す音が大きくなってくる。
彼は必死に息を殺し通り過ぎるのを待った。
そしてしばらくすると彼の思いが通じたのか、トレイの音は聞こえなくなっていた。

「よかった。助かった・・・」

安堵した彼が病室に戻ろうと顔を上げると、血だらけの看護婦と目が合った。

看護婦は彼の存在に気付いていたのだ。
そしてトイレの扉に手をかけ彼を見下ろしていたのだ。